ホーム > 防災・安全 > 防災・防犯 > 防災 > 災害時情報提供 > 全国瞬時警報システム(J-ALERT) > 11月5日 全国一斉緊急地震速報訓練 実施報告

ここから本文です。

更新日:2015年11月6日

平成27年度

11月5日 全国一斉緊急地震速報訓練 実施報告

  • 日時:平成27年11月5日(木曜日)午前10時00分~
  • 場所:市内全域

全国一斉緊急地震速報訓練を実施しました

芦屋市内全域で市内各所に設置してある防災行政無線のスピーカー及び戸別受信機から放送が流れました。

この放送をきっかけに市内各所で緊急待避行動訓練を行ないました。

市役所内においても来庁された市民の皆さまにご参加をいただきました。

災害は、いつ、どこで起こるかわかりません。有事の際に備え、訓練等に参加しましょう。

全国一斉緊急地震速報訓練に参加しましょう(11月5日)

  • 日時:平成27年度11月5日(木曜日)午前10時ころ
  • 場所:市内全域
  • 内容:「(上りチャイム)。こちらは、防災あしやです。【只今から訓練放送を行ないます。(緊急地震速報チャイム音)。緊急地震速報。大地震です。大地震です。これは訓練放送です。】×3回 こちらは、防災あしやです。これで訓練放送を終わります。(下りチャイム)。」
  • 注意:当日は市内各所にある防災行政無線(屋外スピーカー及び戸別受信機)から、訓練放送が流れますのでご了承ください。また、今回の訓練ではテレビ放送や携帯端末には流れません。
  • お願い:市民の皆さまには、緊急地震速報をよく聞いて、緊急待避行動の確認を行ってください。

 

なお、訓練の詳細については気象庁ホームページ緊急地震速報訓練(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。

緊急待避行動について

今回の訓練は緊急地震速報を見聞きした時に、とっさに身の安全を確保する行動がとれるように「練習」する機会だと思ってください。今いる場所で、どうすれば身を守れるかイメージしておき、短い時間で本当にその行動がとれるのか、実際に行動して確認をお願いします。一例として地震から身を守るための3つの安全行動をご紹介します。「①姿勢を低く、②頭を守って、③揺れが収まるまでじっとする」緊急地震速報の報知音を合図に、このような緊急待避行動の確認をお願いします。

緊急待避行動

お問い合わせ

都市建設部防災安全課

電話番号:0797-38-2093

ファクス番号:0797-38-2157

ページの先頭へ戻る