ホーム > 市政 > 市の概要 > いとうまい市長のページ > 市長フォトアルバム

ここから本文です。

更新日:2020年2月18日

市長フォトアルバム 

2月16日(日曜日)第13回虚子生誕記念俳句祭 市長賞授与

020216平田町の虚子記念文学館において、第13回虚子生誕記念俳句祭が開催されました。

未就学児からベテランの方まで、全国各地より596人2,842句もの投句があり、その中で見事入選を果たされた皆様への表彰がありました。表現豊かな言葉の数々に感心するとともに、子どもたちの純粋な気持ちを表現した句に心が温かくなりました。

幅広い年齢層の方々が、俳句に親しめる環境作りにご尽力をいただいております、館長の稲畑汀子様を始め関係者の皆様方に深く敬意を表します。

2月15日(土曜日)

市立小槌幼稚園・朝日ケ丘幼稚園 生活発表会

020215小槌幼稚園と朝日ケ丘幼稚園の生活発表会に伺いました。

劇の発表では、園児達がそれぞれの役になりきって、友達と気持ちを合わせて一生懸命に演じる姿がとても印象的でした。

 ご家族の皆さんにとっては、ご家庭では見たことのない姿や、友達と一緒になって取り組む姿に、我が子の成長を感じ胸が熱くなった方も多かったのではないでしょうか。今年度も残すところ1か月半となりましたが、今のお友達とのつながりを大事に毎日を過ごしていただきたいと思います。

第37回 芦屋市造形教育展 幼稚園小学校中学校合同展

020215-2市立美術博物館で本日から開催されております、「芦屋市学校教育展」を拝見しました。

造形教育展は37回を迎え、芦屋市立幼稚園、小学校、中学校から選出された平面・立体・共同作品が、美術博物館全体に展示されています。

子ども達の自由な発想から創られる作品は、どれも興味深く、また幼稚園、小学校、中学校それぞれに作風も大きく異なり、それぞれの学年の持つ良さを堪能させていただきました。

造形教育展は、2月24日(祝・月曜日)まで開催しておりますので、皆さん是非ご覧ください。 

ドイツの日「ドイツの環境問題について」講演会

020215-3皆さんは、ドイツがエコ大国であるということをご存知でしたでしょうか。ドイツは、世界で初めて自然環境を保護する法律を制定した国と言われています。

本日は、潮芦屋交流センターで、ドイツ連邦共和国ヴェルナー・ケーラー総領事をお招きして、ドイツの先進的な環境問題への取り組みについてのご講演をいただきました。

ご参加の皆様には、環境保護について考える良い機会になったものと思います。

芦屋夢ステージ 苫野美亜プロデュース Contemporary Dance Pieces

020215-4芦屋夢ステージは、芦屋を拠点に、市民の新鮮な発想を舞台芸術活動に活かす「文化プロデューサー」を育成するための取り組みとして、ルナ・ホールにおいてご公演をいただくものです。

選考の結果、今年度は苫野美亜様プロデュースによるコンテンポラリーダンスパフォーマンスを開催いただきました。

コンテンポラリーダンスは、従来の踊りの枠を超え、今までにない自由な発想で踊る前衛芸術とも言われています。私もクラシックダンスを習っていた時期があり、本日の新しいダンスの世界を興味深く拝見いたしました。 

2月14日(金曜日)美しい日本の歌 第19回うたう会

020214市民センターで開催されました、あしや夢くらぶ主催の「第19回うたう会」にお招きいただきました。

あしや夢くらぶは、子どもの頃に歌っていた童謡唱歌を歌い広めると共に、健康増進やコミュニケーションで人と人の絆を深めることを目指し,活動をされています。

私も、手話を使って皆さんと一緒に歌い、楽しい時間を過ごしました。

2月11日(祝・火曜日)

岩園コミスク 1.17は忘れない 阪神・淡路大震災から25年 地域防災訓練

020211岩園コミスクでは、毎年この時期に地域防災訓練を実施されています。

「阪神・淡路大震災」から25年を迎えた今年は、震災を風化させず、その後の全国各地で起きた災害で被災された方々の復興を応援するとともに、災害について考え、備えることの大切さを再認識していただくことを目的として、朗読コンサートが実施されました。

前田伊都子さんや小学生の子ども達による朗読、フルート・マリンバ・ピアノの演奏があり、地域の絆や備えることの大切さを認識していただける一日になったのではないかと思います。 

A.F.Aアウァーズ 2019年度成績優秀チーム表彰式

020211-2青少年センターで芦屋市サッカー協会による2019年度成績優秀チームの表彰式が開催されました。輝かしい成績を残し、本日表彰されました皆様、誠におめでとうございます。

芦屋市サッカー協会は、昨年度に創立50周年を迎え、長年にわたり、その理念「サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、人々の心身の健全な育成と社会の発展に貢献する」をモットーにスポーツ文化の振興にご貢献いただいています。

オリンピック・パラリンピックが開催される今年、より多くの子ども達がサッカーに親しみ、明るく元気に成長されますことを願うとともに、将来、全国そして世界の舞台で活躍する選手が多数輩出されますことを期待しています。

2月9日(日曜日)

三条コミスク地域 自主防災総合訓練 雪まつり

020209「楽しく学ぼう!防災訓練!!遊びの中で、防災知識。」をスローガンに、今年度も三条コミスク地域8町9自治会・町内会が協力して地域自主防災総合訓練が開催されました。

開森橋東詰の芦屋川沿いの道路には、防災啓発グッズやお餅つき、温かい豚汁の炊き出しなど様々なテントが並びました。

今年は暖冬で雪がないため、いつものように雪を詰めての土嚢作り・土嚢積みはできませんでしたが、お子様を含めて多くの方に消火訓練などの体験をしていただきました。

開催にあたりましては、代表幹事の増谷様をはじめとする役員並びに関係者の皆様方には準備に大変なご苦労があったことと思います。この有意義な訓練で、より一層地域の防災力が高まりますことを祈念いたします。 

第1回あしやそだてるフェスタ

020209-22月8日(土曜日)と9日(日曜日)の2日間にわたり、ラ・モール芦屋1階で、第1回目となる「あしやそだてるフェスタ」が開催されました。

このフェスタは、芦屋市商工会が主催され、体験型ワークショップやミニセミナーなど、「育」をテーマに、家族で楽しみながら学べるサービスや商品が盛りだくさん用意されていました。

本日は、「ワンコイン和菓子教室」や、「アロママスクスプレーを作ろう!」、「親子でアートをしよう」、「プロの道具でお掃除体験!」など、子ども達も楽しめるブースも多く、会場は親子連れで賑わっておりました。

第2回目が開催されることを楽しみにしております。 

1月31日(金曜日)・2月1日(土曜日) 小学校図工展・コミスク活動展

冬のイベント、小学校の図工展が各学校で開催され、今年は、岩園・朝日ケ丘・山手・精道小学校の図工展と岩園コミスク活動展に伺いました。

どの作品も想像力にあふれ、どの美術館にも負けないぐらい素敵な作品が所狭しと並べられていました。

学年ごとに、テーマに沿った作品が展示されていますが、その作品はどれを見ても同じものはなく、子ども達の個性がしっかりと表現されていました。子ども達の夢のある作品を「わくわく」しながらひとつひとつ拝見いたしました。

020131 020131-2
020201 020201-2

 

バックナンバー

 

お問い合わせ

企画部市長室管理係

電話番号:0797-38-2000

ファクス番号:0797-38-2150

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る