ホーム > 市政 > 市の概要 > いとうまい市長のページ > 市長フォトアルバム

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

市長フォトアルバム 

2月24日(月曜日)

朝日新聞 尼崎市・宝塚市・芦屋市 女性市長対談

020224-13月8日は、国連が定めた「国際女性デー」です。

朝日新聞では国際女性デーにあわせ、「Dear Girls」というキャンペーンを実施し、日本に広がるジェンダーギャップを解消する目的で様々なテーマの企画を展開されています。

本日は、尼崎市、宝塚市、芦屋市の女性市長対談の取材がありました。女性市長の強みや男性市長との違い、市民や職員からの目、家庭との両立など、いろいろな話題が出ました。

朝日新聞の3月8日兵庫県版及びデジタル版で掲載予定です。是非ご覧ください。

AAPアシヤアートプロジェクト

020224-2ルナ・ホール(小ホール)で、「アートの見方は、あなたの味方」と題し、アシヤアートプロジェクトが開催されました。

芦屋で発祥しました「具体」美術が、国内外で再度の盛り上がりを見せていることは、大変喜ばしいことだと思っております。

昨年度には、実行委員会の皆様と芦屋市との共催で、旧宮塚町住宅や芦屋仏教会館などの会場で、4回にわたりアシヤアートプロジェクトを開催いたしました。4回のイベントには、いずれも定員を超えるご応募をいただき、延べ400人以上の方にご参加いただきました。

「具体」の活動がますます広がり、芦屋の日常生活を豊かに彩っていただきますことを期待しております。

2月22日(土曜日)

芦屋市商工会青年部主催 芦屋・縁結び婚活2020

020222-1芦屋・婚活事業は、今回で9回目を迎え、「将来は家族で芦屋に住みたい」という思いを共有していただくことを目的に、芦屋市商工会青年部の皆様の熱い思いのもとに開催されております。毎回、多くのカップルが成立し、イベントをきっかけに結婚されたカップルもいらっしゃいます。

今回は、リードあしやで開催され、ご挨拶に伺いました。ご参加の皆様には、芦屋市内の人気飲食店からのケータリングビュッフェや各種イベントブースを楽しんでいただけたものと思います。一人でも多くの方が、この会を通じて良いご縁に巡り合えますことをお祈りいたします。

第2回芦屋市環境フェスタ・第3回芦屋市環境活動報告会

020222-2市民センターにおいて、芦屋市環境づくり推進会議主催の「芦屋市環境フェスタ」が開催されました。

表彰式では、「子ども環境作文コンクール」及び「第27回住みよい芦屋をつくるポスター展」で入賞された小中学生の表彰があり、作文の朗読やポスターを拝見いたしました。

また、本日は、芦屋の自然と鳥をテーマとした講演会や化石の展示、木の枝や木の実など自然の物を使った工作等のワークショップもあり、自然に親しむことができるこのような貴重なイベントの開催にご尽力いただきました芦屋市環境づくり推進会議の皆様に感謝申し上げます。

2月18日(火曜日)芦屋市教職員組合定期総会

020218精道小学校で開催されました芦屋市教職員組合定期総会にお伺いし、一言ご挨拶をいたしました。

本日、第1回議会定例会において表明しました「令和2年度施政方針」でも述べましたとおり、令和2年度末に竣工予定の山手中学校建て替え工事や、令和4年度完了予定の精道中学校の建て替え工事、また令和3年1月からの精道中学校の給食開始、そのほか、教育におけるソフト面の充実などを着実に進めてまいりたいと思っております。

様々な教育的な課題を抱えながらも、常に前向きな活動を続ける教職員の皆様とともに「教育のまち芦屋」の充実に努めてまいります。

2月16日(日曜日)第13回虚子生誕記念俳句祭 市長賞授与

020216平田町の虚子記念文学館において、第13回虚子生誕記念俳句祭が開催されました。

未就学児からベテランの方まで、全国各地より596人2,842句もの投句があり、その中で見事入選を果たされた皆様への表彰がありました。表現豊かな言葉の数々に感心するとともに、子どもたちの純粋な気持ちを表現した句に心が温かくなりました。

幅広い年齢層の方々が、俳句に親しめる環境作りにご尽力をいただいております、館長の稲畑汀子様を始め関係者の皆様方に深く敬意を表します。

バックナンバー

 

お問い合わせ

企画部市長室管理係

電話番号:0797-38-2000

ファクス番号:0797-38-2150

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る