ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 介護保険 > 介護保険負担割合証について

ここから本文です。

更新日:2015年6月26日

介護保険負担割合証について

負担割合証を交付します。

毎年7月に要介護認定を受けている人全員に「介護保険負担割合証」を送付します。

負担割合証が届いたら,速やかにご利用のサービス事業所へ提示してください。

※新たに要介護認定を受ける人には,認定申請日以降に交付します。

※所得更正により負担割合が変更になった場合は,直近の8月まで適用年月日を遡った負担割合証を,更正の行われた翌月月初に再交付します。

※世帯構成の変更により負担割合が変更になった場合は,変更が生じた翌月から負担割合を変更し,速やかに負担割合証を交付します。

2割負担になる方の所得水準について

平成27年度介護保険制度改正により,一定以上所得者の利用者負担の見直しが行われました。

平成27年8月利用分より,2割負担となるのは,65歳以上のかた(第1号被保険者)で,「本人の合計所得が160万円以上」の人です。ただし,「年金収入+その他合計所得金額」が280万円(第1号被保険者が複数いる世帯の場合は346万円)を下回る場合には,1割負担になります。なお,40歳から64歳以上のかた(第2号被保険者)は,全員1割負担となります。

介護保険自己負担割合

お問い合わせ

福祉部高齢介護課管理係

電話番号:0797-38-2046

ファクス番号:0797-38-2060

ページの先頭へ戻る