ここから本文です。

更新日:2019年8月19日

星空観察会

芦屋市では、毎年環境省が実施している夏・冬の全国星空継続観察(スターウォッチング・ネットワーク)の時期に合わせて星空観察会を実施しています。

画像:NASA(アメリカ航空宇宙局宇宙から見た夜の地球

この写真はNASA(アメリカ航空宇宙局)が公開している宇宙から見た夜の地球です。白く見えているのは光です。人間の活動が盛んなところは明るく見え、そうでないところは暗いのがわかります。宇宙から見える光は夜空を明るくし、エネルギーが無駄に使われているしるしでもあります。夜の光は安全や安らぎを与えてくれますが、夜空にもれる必要以上の光のエネルギーは日本国内だけで年間200億円に相当するとも言われています。

芦屋市も含む都市部では、空気の汚れや、街灯やディスプレイの明かりなどの光で空が明るくなり、星が見えにくくなっています。この芦屋の空でどんな星が見えるのか、なぜ見えにくくなっているのかなど、なかなか星を見る機会のないこのごろですが、一緒に星を眺め、宇宙のこと、環境のことを考えてみてはいかがでしょうか。hosizoramasukotto

環境省のホームページ(全国星空継続観察(スターウォッチング・ネットワーク)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

お知らせ

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課保全係

電話番号:0797-38-2051

ファクス番号:0797-38-2162

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る