ホーム > くらし > 環境 > 環境啓発・環境保全のとりくみ > いもり谷・いもり池の自然

ここから本文です。

更新日:2019年2月25日

いもり谷・いもり池の自然

いもり谷・いもり池ってどんなところ

 いもり谷はゴロゴロ岳の西にある小さな湿原です。

 たくさんの自然が残っていて、芦屋市ではとても特別な場所です。

 いもり谷・いもり池で見られる生き物

sagisuge

 サギスゲ(カヤツリグサ科)

 本来、寒い地方の湿原に生息する多年草で、1万年余り前の氷河期から奇跡的に生き残ってきたと考えらています。5月頃から6月頃に小さな白い綿毛を咲かせます。

 

hitujigusa

 ヒツジグサ(スイレン科)

「未(ひつじ)の刻(午後2時頃)に咲くので名づけられまし た。実際は10時頃から開きます。





Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課保全係

電話番号:0797-38-2051

ファクス番号:0797-38-2162

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る