ホーム > くらし > 環境 > 住環境 > 市民マナー条例【市内全域において禁止されている事項】

ここから本文です。

更新日:2014年12月4日

 市民マナー条例【市内全域において禁止されている事項】 

 1)歩行喫煙等の禁止について

市内全域の公共の場所での歩行中や自転車乗車中の喫煙(歩行喫煙等)については、迷惑であり、また危険な行為として禁止であると周知し、喫煙されるかたには、努力義務として守っていただくよう啓発活動を続けてまいりましたが、このたび、歩行喫煙等が禁止であることのさらなる周知徹底を図り、また喫煙されるかたのマナー意識を高めていただくため、平成25年10月1日より市民マナー条例において、「歩行喫煙等を禁止する」という表記に改めました。

条例の趣旨をご理解いただき、今後もより一層、マナーを守り、清潔・安全・快適なまち芦屋の実現に、ご協力いただきますようお願いいたします。

 2)ごみのポイ捨て禁止について

市民マナー条例では、公共の場所等での空き缶やたばこの吸殻などのごみのポイ捨てを禁止しています。ごみのポイ捨てはまちの美観を損ねるだけでなく、ごみが捨てられた場所の周辺の住民のかたに、大変な迷惑をかけることになります。市に、そういった苦情が多数寄せられていますので、ごみのポイ捨てはやめてください。

 3)犬の放し飼いやフンの放置の禁止について

公共の場所等での犬の放し飼いやフンの放置も、市民マナー条例で禁止されています。

  • 「自宅の玄関前にいつもふんをされて困っている」
  • 「歩いていてフンを踏んでしまった」
  • 「フンが入ったビニール袋が植え込みに捨てられている」
  • 「犬のおしっこで塀にしみができてしまった」
  • 「公園で遊んでいる子どもが、落ちている犬のフンをさわってしまう」
  • 「散歩していて、急に放し飼いの犬が飛びついてきて怖かった」
  • 「車の前に放し飼いの犬が飛び出して轢いててしまった」
  • 「放し飼いの犬にかまれた」

などなど、市にはたくさんの苦情や相談が寄せられています。飼い犬がしてしまったフンを、飼い主ではなく、どうして他人が片付けないといけないのでしょうか。また、「うちの犬は放していても大丈夫」というのは誤りです。犬が嫌いな人も周りにいることをお忘れなく。犬を散歩させるときは、必ずリードなどでつないで制御できるようにし、フンをしたときは拾って持ち帰り処分してください。

 4)夜間花火禁止について

公共の場所等では夜間花火(午後9時から翌朝午前6時まで)をやめましょう。

終日花火禁止区域に限らず、市内全域において、公共の場所等で、夜間に花火をすることを禁止しています。

禁止対象の花火とは

1)回転する2)走行する3)飛翔する4)打ち上げる5)爆発音を出す花火等をいいます。

過料、罰則について

過料

市内のすべての鉄道駅周辺、「JR芦屋駅周辺地域」「阪急芦屋川駅周辺地域」「阪神芦屋駅周辺地域」「阪神打出駅周辺地域」を喫煙禁止区域に指定しています。喫煙禁止区域内の公共の場所では、喫煙指定場所以外での喫煙が禁止されています違反者には、過料2、000円が科せられます(条例第21条)。喫煙禁止区域内では、歩行喫煙だけでなく、自転車に乗っているときや路上に立ち止まっての喫煙も禁止します。

罰金

  以下の行為は、中止又は是正の勧告、命令に従わない場合には、罰金(10万円以下)が科せられます(条例第20条)。

1.たばこの吸い殻及び空き缶等の投げ捨て
2.飼い犬のふんの放置
3.夜間花火(午後9時から翌朝午前6時)
4.花火禁止区域での花火
5.落書
6.ハ゛ーヘ゛キュー等禁止区域内でのハ゛ーヘ゛キュー
7.フ゜レシ゛ャーホ゛ート等航行禁止区域内での規制時間(午後6時から翌朝8時)での航行

 

お問い合わせ

市民生活部環境課管理係

電話番号:0797-38-2050

ファクス番号:0797-38-2162

ページの先頭へ戻る