ホーム > ごみ・リサイクル > ごみ収集の作業員が負傷しました!

ここから本文です。

更新日:2017年9月7日

ごみ収集の作業員が負傷しました!

市では午前収集予定のごみは午前中に収集するよう、安全かつ速やかな収集作業に努めているところです。
しかし、怪我や事故が発生すると収集作業に大きな影響を及ぼしますので、ごみを出す市民の皆さんの一人一人の協力が欠かせません。ご協力をお願いします。

事案報告

tiryo

 9月1日、「燃やすごみ」の収集作業中、翠ケ丘町のマンションで作業員
 が左足親指を裂傷する事案が発生しました。運転手が怪我をしたため、
 急きょ代替作業員を派遣する事態となり、収集作業に遅れが生じまし
 た。近隣の皆さまにご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 

 

原因

「燃やすごみ」の日に出されていた袋の中に、割れたビンが含まれていた。

お願い

分別をきちんと守ってください

「燃やすごみ」にビンは出せません!!
収集作業員もごみ袋に混入された小さなビンを見つけることは難しいです。

「キケン」と分かるように

竹串や刃物類、割れた食器などを捨てる場合は、「キケン」なものが含まれていること表記のうえ、厚紙などで包む等、安全の確保にご協力ください。

中身の見える袋に入れて出してください。

袋の色の指定はありませんが、できる限り透明な袋を使用してください。

注意

以上のことが守られていない場合は、収集できないことがあります。

お問い合わせ

市民生活部環境処理センター(収集事業課)

電話番号:0797-22-2155

ファクス番号:0797-32-6247

ページの先頭へ戻る