ホーム > くらし > 市税 > 税務総合窓口

ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

税務総合窓口

 税務証明窓口

税務証明窓口では、各種証明書(下表参照)の発行、125cc以下の単車の登録・廃車などの業務を行なっています。

証明書の種類

証明事項

手数料

納税証明
(市県民税、固定資産税・都市計画税、その他の市税)

年税額及び納付状況

1年度1税目につき300円

所得証明(市県民税分)

収入金額(給与、公的年金)及び所得金額

1年度1枚につき300円

課税証明(市県民税分)

収入金額、所得金額、所得控除額の内訳及び年税額(非課税を含む。)

1年度1枚につき300円

固定資産評価証明

所有者(1月1日現在)、地積(床面積)、評価額、課税標準額

土地1筆・家屋1棟につき300円

固定資産公課証明

所有者(1月1日現在)、地積(床面積)、評価額、課税標準額、相当税額

土地1筆・家屋1棟につき300円

登録免許税法の特例に関する証明

租税特別措置法第72条の2、73条、73条の2、74条(新築住宅または既存住宅の所有権移転(保存)登記及び抵当権の設定登記の税率の軽減)に該当していること

1件につき1,300円

証明書を発行する際には、本人確認をさせていただきますので、運転免許証や健康保険証などの身分証明書をご持参ください。なお、同居の親族以外の方が請求する場合は、委任状が必要です。(ただし、軽自動車税納税証明書(継続検査用)を取得する場合は除きます。)
住宅用家屋証明の申請書類等については住宅用家屋証明申請書・住宅用家屋の証明についての説明書・申立書・家屋未使用証明書のページで確認してください。
また、これらの証明の申請は、郵送でも受け付けています。交付申請書、本人確認書類、手数料(定額小ため替)及び返信用封筒を同封してください。詳しくは、税務証明関係申請書等のダウンロードのページにてご確認ください。

 各種証明書発行年限について

各種証明書の発行年限は以下の通りです。

証明書 発行できる年度
所得証明書・課税証明書 現年を含め7年度分。
ただし、新年度分は賦課決定日以降に発行可能。
所得証明書・課税証明書
(未申告の方)
3年度分。
評価証明書・公課証明書

現年を含め11年度分。
新年度分は価格決定の翌日から発行可能。

納税証明書 請求の日の年度を含め4年度分。
新年度は賦課決定日以降に発行可能。

 各種証明書最新年度について

現在発行している最新の年度は以下の通りです。

証明書 最新年度

所得証明書・課税証明書

29年度

評価証明書・公課証明書

29年度

納税証明書

29年度

毎年4月から6月にかけては各種証明書の年度切替期間となり、窓口が混み合います。特に各種証明書の発行開始日から1週間ほどは混み合う可能性が高くなりますので、お時間に余裕を持ってお越しください。

 課税証明書(最新年度分)がコンビニで取得できます。

コンビニエンスストア等に設置されているマルチコピー機(多機能端末機)で課税証明書が取得できます。詳しくは、コンビニ交付のページをご覧ください。

  • 取得する時点で芦屋市に住民登録がある方であって、芦屋市での課税情報があるかたが取得できます。
  • 最新年度分のみ取得できます。
  • 課税情報のないかた(未申告のかた、賦課期日の1月1日現在に芦屋市に在住でないかた等)の課税証明書は取得できません。
  • その他個別の課税内容により、取得できない場合があります。詳しくは、下記までお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

総務部課税課管理係

電話番号:0797-38-2015

ファクス番号:0797-25-1037

ページの先頭へ戻る