ホーム > くらし > 環境 > 高病原性鳥インフルエンザについて

ここから本文です。

更新日:2017年4月4日

高病原性鳥インフルエンザについて

全国的に鳥インフルエンザが流行しており,近隣市で発生したため,芦屋市は「野鳥重点監視区域」になっています。芦屋市内では事例がありませんが,鳥を飼育している方は野鳥と接点を持たないよう十分にご注意ください。

1 野鳥等の死骸を見つけたとき

野鳥等が死んでいても、直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありませんが、絶対に素手で触らないでください。また、野鳥などが死亡していたら、地域経済振興課までご連絡ください。

2 野鳥との接し方について

3 人への感染について

 鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。日常生活においては、過度の心配は必要ありません。

 4海外へ旅行・日本へ入国される皆さまへ

 海外渡航者パンフレット(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部地域経済振興課商工観光・農林係

電話番号:0797-38-2033

ファクス番号:0797-38-2176

ページの先頭へ戻る