ホーム > まちづくり > 開発・建築 > 建築確認と許認可 > 長期優良住宅の認定について

ここから本文です。

更新日:2018年1月12日

長期優良住宅の認定について

長期優良住宅とは

長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号)に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。

長期優良住宅の建築・維持保全をしようとするかたは、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、芦屋市(所管行政庁)の認定を受けることができます。(申請に係る建築物が都市計画施設等の区域内に立地する場合を除く。)

この認定を受けると住宅ローン減税(所得税、個人住民税)、登録免許税、不動産取得税、固定資産税の税制上の優遇を受けることができます。

なお、法律の施行日は平成21年6月4日です。

 

(参考)長期優良住宅のイメージ(木造戸建て住宅)

長期優良住宅のイメージ(戸建て住宅)

【このページのトップへ】

申請手続きの流れ

評価機関の技術的審査(事前審査)をせず芦屋市に認定申請をする場合

技術的審査(事前審査)をせず芦屋市に認定申請をする場合

  • 認定の所要日数は、認定申請受理から14日程度です。ただし、建築確認申請の審査を申し出る場合(法第6条第2項)は、建築基準法第6条の規定を準用した審査日数が必要となります。
  • 芦屋市から評価機関に技術的審査を依頼する必要があると判断した物件については、A・Cそれぞれ3部提出をお願いします。

事前審査をして、芦屋市に認定申請をする場合

事前審査をして、芦屋市に認定申請をする場合

  • 認定の所要日数は、認定申請受理から7日程度です。ただし、建築確認申請の審査を申し出る場合(法第6条第2項)は、建築基準法第6条の規定を準用した審査日数が必要となります。

【このページのトップへ】

認定基準

認定基準

※申請に係る建築物が都市計画施設等の区域内に立地する場合は長期優良住宅の認定対象外です。

【このページのトップへ】

認定手数料

認定手数料(PDF:67KB)(別ウィンドウが開きます)

【このページのトップへ】

認定申請書及び必要図書について

必要図書

認定申請・変更等

建築工事完了時の報告について

完了報告時・維持保全等

認定長期優良住宅建築等計画に基づく住宅の建築工事が完了した際は、その旨の報告書の提出をお願いします。

※平成25年1月1日より、適正な認定業務実施のため、上記の様式に以下の資料を添付していただくよう変更になりましたのでご注意ください。

  1. 工事監理報告書、建設住宅性能評価書の写し、その他(工事管理の状況について確認した旨の書類)のうち、いずれか1つ

  2. 建築基準法による完了検査済証の写し

  3. 工事完了後の建築物の写真(外観等)

関連:国土交通省「認定通知書偽造や認定基準不適合等の不正事案」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

(参考)

1認定申請書の提出イメージ

提出イメージ(戸建住宅・共同住宅)

2申請の単位について

申請は住戸単位となる。なお、共同住宅等の場合で、住戸ごとの項目が重複している場合、様式の一部の面をまとめて記載して申請することができる。

提出イメージ(共同住宅の売買)

【このページのトップへ】

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部建築指導課建築指導係

電話番号:0797-38-2114

ファクス番号:0797-38-2164

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る