ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康診断 > 石綿(アスベスト)ばく露者の健康管理に係る試行調査

ここから本文です。

更新日:2015年5月1日

石綿(アスベスト)ばく露者の健康管理に係る試行調査

平成27年度より、環境省の実施する以下の調査に本市も参加します。

調査に参加を希望される方は、下記の保健センターまでご連絡ください。

 

1.石綿ばく露者の健康管理に係る試行調査とは

石綿健康相談(仮称)の実施を見据えたモデル事業である、本試行調査を実施することを通じて実施主体・既存検診(肺がん検診等)との連携方法・対象者・対象地域の考え方・検査頻度・事業に要する費用等の課題について調査検討を行なうものです。

2.調査対象者

石綿ばく露による健康不安をお持ちの芦屋市民で、本調査の内容を理解し、調査の協力に同意する方

3.調査期間

平成27年度~31年度の5年間(予定)

4.調査について

(1)調査の内容

検査は以下の流れで年1回行ないます。参加初年度の検査は、市立芦屋病院で受診していただきます。なお2年目以降は、アスベスト検診(毎月第4水曜日)または肺がん検診を受診していただきます。

  • 問診

職歴や居住歴や通学歴などの石綿のばく露歴の可能性について確認します。

  • 胸部エックス線検査及び胸部CT検査

石綿のばく露歴の可能性が確認された場合は、胸部エックス線検査及び胸部CT検査を実施します。

  • 結果の通知及び保健指導

実施した検査の結果を通知します。また、必要に応じて保健指導も行ないます。また、調査についてのアンケートにご協力をお願いします。

 

(2年目以降)
  • アスベスト検診または肺がん検診

検診のご案内を送付しますので、受診してください。

  • 結果の通知及び保健指導

実施した検診の結果を通知します。また、希望者には保健指導も行ないます。また、調査についてのアンケートにご協力をお願いします。

 

(2)本調査に参加することのメリット・デメリット

1)参加のメリット

本調査に参加することにより、ご自身の健康状態を確認し、健康管理に役立てる機会とするとともに、中皮腫等の石綿関連疾患を発見できる可能性があります。また、石綿関連疾患以外につきましても治療を要する病気の可能性のある所見が見つかることがあります。このような場合は、検査の結果とともに医療機関の精密検査や受診を勧める通知をします。

また、調査に参加していただきますと、5年間検診のご案内を毎年個別に郵送いたします。また、調査に参加された初年度に毎年の結果を自己管理していただくための健診カードをお渡しいたします。なお、このカードは労働安全衛生法の健康管理手帳ではございませんのでご注意ください。

 

2)参加のデメリットと留意点

本調査では胸部エックス線検査、胸部CT検査を実施するため、放射線被ばくによりがんの誘発や遺伝的影響があることも、極めて低い確率ではありますが、否定することはできません。

また、検査によって中皮腫等の石綿関連疾患やその他の疾患を必ず発見できるとは限りませんし、検査は胸部のみで他の部位の検査は行ないません。

また、本来生命状態に影響しない、微小でその後も進行がんにはならない腫瘍を見つけて治療することや精密検査を受けてもがんがない場合などの結果的に不必要な治療や検査を招く可能性があります。

 

(3)検査結果及び保健指導について

検査の結果については、芦屋市から結果を通知します。また、必要に応じて保健指導も行ないます。

5年間、毎年、継続して調査に参加していただき健康状況の経過を確認する調査です。継続した受診のご協力よろしくお願いいたします。

 

(4)受診できなくなった方等への現況確認及び調査終了後の追加調査について

遠方への転居や病気で医療機関へ通院しているなどの理由により、調査に参加できなくなった方に対して、アンケートや電話などにより、調査の実施期間中は、その後の健康状況を確認させていただく可能性がありますので、その際にはご協力をお願いいたします。

また、調査に参加できず音信不通になった場合、調査実施自治体等から居住情報等について、住民基本台帳、人口動態調査、地域がん登録等の行政が保有する情報を利用して確認する場合があります。

なお、本調査は5年間で、調査結果を報告し調査終了となる予定ですが、その後も健康状況を確認するための追加調査を実施する可能性がありますので、その際にも御協力をお願いいたします。

 

(5)個人情報の管理・利用

本調査で得られた個人情報については、芦屋市において平成31年度(予定)までの調査期間中及び調査終了後も適正に管理・保管し、環境省が調査に必要な範囲で共同利用します。

 

(6)調査実施にあたっての倫理的配慮

本調査の参加は本人の自由意思に委ねられています。調査に協力しなくても何ら不利益は被りません。同意書に署名をいただいた方のみを調査対象といたします。

なお、同意書は随時撤回可能です。

 

(7)調査結果等について

また、毎年の調査結果を環境省へ報告し、環境省で単年度毎の調査結果の報告書を個人が特定できないような形式で作成し公表します。

 

お問い合わせ

こども・健康部健康課(保健センター)

電話番号:0797-31-1586

ファクス番号:0797-31-1018

お電話の際は、おかけ間違いのないようお願いいたします。

ページの先頭へ戻る