ホーム > 防災・安全 > 防災・防犯 > 防犯 > 振り込め詐欺にご注意!

ここから本文です。

更新日:2016年8月19日

振り込め詐欺にご注意!

「振り込め詐欺(恐喝)」は、いわゆる「オレオレ詐欺(恐喝)」、架空請求詐欺(恐喝)、融資保証金詐欺、還付金等詐欺の総称です。

「オレオレ詐欺(恐喝)」事件とは

電話を利用して親族、警察官、弁護士等を装い、わいせつ行為の示談金等の名目で、現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る(脅し取る)詐欺(恐喝)事件をいいます。

被害に遭わないために

  • 電話を切った後、本人やその家族と連絡を取って、事実を確認する。
  • すぐに振り込まず、家族や知人、警察などに相談する。
  • 家族だけにしか分らない合言葉等を決めておく。

架空請求詐欺(恐喝)事件とは

郵便、インターネット等を利用して不特定多数の者に対し、架空の事実を口実とした料金を請求する文書等を送付するなどして、現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る(脅し取る)詐欺(恐喝)事件をいいます。

被害に遭わないために

  • 利用した覚えがなければ無視する。
  • 請求の連絡があっても、はっきり断る。
  • 見覚えのない送信元からのメールに表示されているアドレスにはアクセスしない。

融資保証金詐欺事件とは

実際には融資しないにも関わらず、融資する旨の文書等を送付するなどして、融資を申し込んできた者に対し、保証金等を名目に現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺事件をいいます。

被害に遭わないために

  • 正規の貸金業者では、融資を前提に保証金等の名目で現金を振り込ませる事はないので、保証金等の振り込みを要求されたら詐欺と疑う。

還付金等詐欺事件とは

税務署、社会保険事務所や市役所等の職員をかたり、税金の還付金等に必要な手続を装ってATM(現金自動預払機)を操作させて、口座間送金により現金をだまし取る詐欺事件をいいます。

被害に遭わないために

  • 税務署等の職員が還付金受取のために、ATMの操作を指示することはない。
  • 税務署等から「還付金を振り込む」等の連絡があれば、電話をかけ直して確認する。

なお、各々の振り込め詐欺の件数等については、捜査上の関係から掲載しておりません。

お問い合わせ

都市建設部建設総務課

電話番号:0797-38-2480

ファクス番号:0797-38-2163

ページの先頭へ戻る