ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > ひとり親家庭への支援 > 未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金

ここから本文です。

更新日:2019年8月2日

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金

令和元年10月から消費税率が引上げとなる環境の中、子どもの貧困に対応するため、臨時・特別の措置として、児童扶養手当の受給者のうち、未婚のひとり親に対して、令和元年度において17,500円の支給を行ないます。

支給対象者

次のすべての要件を満たすかた

  • 令和元年11月分の児童扶養手当の支給を受ける父または母
  • 基準日(令和元年10月31日)において、これまでに婚姻(法律婚)をしたことがない方
  • 基準日(令和元年10月31日)において、事実婚をしていない方または事実婚の相手方の生死が明らかでない方

支給額

17,500円

支給時期

令和2年1月10日(金曜日)(児童扶養手当の支給日と同日に支払います)

上記支給日に支払うことができない場合は、以後、随時支給します。

申請手続き

申請期間

令和元年8月1日(木曜日)から令和2年1月31日(金曜日)

申請先

芦屋市子育て推進課こども係(南館1階17番窓口)

窓口または郵送にてお手続きください。

提出書類

  1. 申請書(PDF:76KB)(別ウィンドウが開きます)
  2. 戸籍謄本(抄本)(交付後1か月以内のもの)

児童扶養手当振込口座以外の口座へ振り込みを希望する場合は、本人確認書類の写しと受取口座の通帳やキャッシュカードの写しが必要です。

ご注意

  • 8月に令和元年度児童扶養手当現況届を送付する方には、給付金のご案内と申請書を同封します。支給対象者の方は、児童扶養手当現況届とあわせてご提出ください。
  • 給付金の申請後、基準日(令和元年10月31日)前に児童扶養手当の資格が喪失となったり他の自治体に転出したりした場合は、申請取り下げの手続きを行ってください。他の自治体に転出される場合は、転出先の自治体で再度申請を行っていただく必要があります。
  • 基準日(令和元年10月31日)より後に他の自治体に転出した場合は、芦屋市が申請先になります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども・健康部子育て推進課こども係

電話番号:0797-38-2045

ファクス番号:0797-38-2190

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る