ホーム > くらし > 国際交流 > 国際交流事業 > 日本語でできる支援 災害時の外国人支援講座

ここから本文です。

更新日:2017年10月20日

日本語でできる支援 災害時の外国人支援講座

災害時に日本語がわからない人がいたら、あなたはどのように接しますか?災害時に外国人とどのようにコミュニケーションをとればよいのか、どのように支援できるのかについて、全2回の講座を開催いたします。

日時・内容

●第1回:10月28日(土曜日)午後2時から4時30分まで

【災害時の外国人への情報提供】~やさしい日本語~

やさしい日本語を使ってコミュニケーションをとる方法を学習します。

講師:(公財)兵庫県国際交流協会 外国人県民インフォメーションセンター 村松 紀子氏

 

●第2回:11月11日(土曜日)午後1時から4時まで

【災害直後の避難所での支援活動】~グループによる実践研修~

第1回目の講座で学んだことをグループワークで実践します。

講師:岩手大学教育推進機構 グローバル教育センター教授 松岡 洋子氏

 

※できる限り、2回とも参加してください。

主催:芦屋市 防災安全課、広報国際交流課

会場

芦屋市役所 東館3階 大会議室

対象者

●どなたでも参加できます。

●外国にルーツのある方の場合は、やさしい日本語が理解できる方

参加費

無料

申し込み方法

Eメール、ファクスまたは窓口にて1. 氏名、2. 参加される回、3. 住所、4. 電話番号、5. メールアドレス、(6. 外国の方は国籍)を下記へお知らせください。
※当初の「10月20日(金曜日)」の締め切りを延長しています。

申し込み:芦屋市役所 広報国際交流課

ファクス番号:0797-38-2152

Eメールアドレス:kokusai@city.ashiya.lg.jp

チラシ・申し込み書(PDF:216KB)(別ウィンドウが開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部広報国際交流課国際交流係

電話番号:0797-38-2008

ファクス番号:0797-38-2152

ページの先頭へ戻る