ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > 公民館講座等のご案内 > 歴史を探る~戦国時代の闇をあばく(3月18日受付締切)

ここから本文です。

更新日:2019年2月28日

歴史を探る~戦国時代の闇をあばく(3月18日受付締切)

秀吉の晩年の、今から考えれば大愚挙・朝鮮侵略から徳川の平和構築までの歴史を三つの演題により解明します。それには世界的潮流が底に流れており世界的視点を提供いたします。

 

歴史を探る~戦国時代の闇をあばく案内チラシ(PDF:74KB)(別ウィンドウが開きます)

 

事業内容

日時

平成31年4月4日(木曜日)~6月7日(金曜日)

午前10時15分~11時45分

会場 芦屋市民センター401室

定員

90人(応募者多数の場合、芦屋市民を優先して抽選)

講師 菅原美文氏(城郭・歴史研究家)
受講料 1,200円(3回分一括)

申込方法

講座名・住所・氏名・電話番号を記入の上、平成31年3月18日(月曜日)【必着】までにはがきかファクスで芦屋市立公民館へ。


 

芦屋市立公民館

〒659-0068/芦屋市業平町8番24号(ファクス:0797-31-4998)

 

各回の詳細

日時 内容

1

4月4日

(木曜日)

豊臣秀吉の朝鮮侵略

朝鮮の政権内部に分裂があった

2

5月10日

(金曜日)

小早川秀秋と関ケ原合戦

三成は秀秋以外の寝返りを全く知らなかった

3

6月7日

(金曜日)

関ケ原合戦から大坂の陣まで

家康は豊臣家をどう考えたか

講師の先生のプロフィール

菅原美文

城郭・歴史研究家。関西学院大学法学部卒業。姫路市教育委員会で社会教育の業務に長く携わり、その後姫路文学館に勤務。平成7年8月には兵庫県立姫路短期大学の非常勤講師を務める。
現在、姫路文学館、姫路市市民会館、播磨町立図書館、芦屋市立公民館で講師を務める。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

公民館  

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る