ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > 公民館講座等のご案内 > 日本人の源流・神話を訪ねて(6月15日受付締切)

ここから本文です。

更新日:2019年5月29日

日本人の源流・神話を訪ねて(6月15日受付締切)

―令和の時代に考える神話・天皇の肖像―

今年は、126代目の天皇が誕生した御代替わりの年です。日本の皇室は初代神武天皇の即位以来、2679年続いていて、世界最古の王朝と呼ばれます。これだけ長く続く理由は何でしょうか。実は古事記が伝える神話に、その理由があるのです。古事記を編さんさせたのは40代天武天皇ですから、天武天皇の願いが奏功して、皇室は永続しているとも言えます。そうした観点から神話の魅力を読み解いていきましょう。

日本人の源流・神話を訪ねて(PDF:1,024KB)(別ウィンドウが開きます)

 

事業内容

日時とテーマ

(全3回)

  1. 7月8日(月曜日)午前10時~
    国譲り 皇祖神・天照大御神の誕生
  2. 8月19日(月曜日)午前10時~
    皇統への助走 日向三代
  3. 9月9日(月曜日)午前10時~
    東征 初代天皇の誕生
会場

芦屋市民センター401室

講師

安本寿久氏(産経新聞・神話取材班キャップ)

定員 90名
受講料 1,200円(3回分)
申し込み方法

講座名・住所・氏名(振り仮名付)・電話番号を記入し、はがきかファクスで6月15日(土曜日)までに公民館へ

  • 応募者多数の場合は抽選、芦屋市民優先

申し込み・

問い合わせ先

〒659-0068/芦屋市業平町8番24号

芦屋市立公民館

(電話番号:0797-35-0700、ファクス番号:0797-31-4998)

講師プロフィール

 

安本寿久氏(産経新聞・神話取材班キャップ)

兵庫県生まれ。産経新聞社会部次長、編集局次長兼総合編集部長、産経新聞編集長などを経て特別記者編集委員。著書に『評伝廣瀬武夫』、共著に『親と子の日本史』『坂の上の雲をゆく』『人口減少時代の読み方』など。ラジオ大阪「ニューストゥナイトいいおとな」アンカーマン。※「神話取材班キャップ」として執筆

『国民の神話~日本人の源流を訪ねて』(平成26年産経新聞出版刊)

『神話の中のヒメたち~もうひとつの古事記』(平成30年産経新聞出版刊)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

公民館

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る