ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化施設 > 芦屋市民センター > 芦屋市民センター主催事業 > いきいきシネマサロン「湯を沸かすほどの熱い愛」(平成29年11月25日土曜日)

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

いきいきシネマサロン「湯を沸かすほどの熱い愛」(平成29年11月25日土曜日)

シネマサロン「湯を沸かすほどの熱い愛」

(c)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

余命2か月、私には、するべきことがある。

第90回米アカデミー賞外国語映画賞日本代表に選ばれた話題作。『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。母親と娘の強い絆はもとより、人生の喜怒哀楽を詰め込んだストーリー。

【出演】宮沢りえ、杉咲花、駿河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョーほか
【監督】中野量太/上映時間125分

事業情報

日時

平成29年11月25日(土曜日)

  • 1回目:午前10時10分~
  • 2回目:午後1時~
  • 3回目:午後3時40分~
会場 芦屋市民センタールナ・ホール(芦屋市業平町8番24号)
料金

中学生以上1,000円(小学生500円)

  • 広報あしや「11月1日号」掲載記事持参で中学生以上200円引き。未就学児の入場はご遠慮ください。
問い合わせ

芦屋市民センター「ルナ・ホール事業」担当

電話番号:0797-35-0700

作品情報

銭湯・幸の湯を営む幸野家だが、父が1年前にふらっと家出し、銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。残酷な現実を受け入れた双葉は、”夫を連れ帰り、休業中の銭湯を再開させること”や”気が優しすぎる娘を独り立ちさせること”など、4つの「絶対にやっておくべきこと」を実行していくー

お問い合わせ

市民センター  

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

ページの先頭へ戻る