ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > 公民館講座等のご案内 > ちぬの海に広がる神話の世界(平成29年12月13日受付締切)

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

ちぬの海に広がる神話の世界(平成29年12月13日受付締切)

大阪湾岸における最古の祭として文献に登場する八十島祭は、天皇即位の翌年、宮中に仕える女官が天皇の衣を海岸で振る儀式でした。
八十島とは日本の国土を示す古称で、海から生命力を得んとして八十島祭が行われた宮野伝承地としては現在の尼崎市南部との説があります。
そんな国土を創生したイザナギ・イザナミの子でありながら、茅渟の海へ棄てられたヒルコ神は、平安の世に甦り、西宮えびす大神として幅広い信仰を集めていきました。ヒルコとは何者でしょうか?

各回ごとの詳細

日時 テーマ
1 平成30年1月26日(金曜日)午後2時~ エビス信仰のひろがり
2 平成30年2月23日(金曜日)午後2時~ 大阪湾(茅渟の海)と国生み神話

事業情報

会場 芦屋市民センター401室(芦屋市業平町8番24号、本館4階)
講師 河内厚郎
受講料 800円(2回分一括)

申し込み

はがきかファクスに、講座名・住所・氏名・電話番号を記入の上、12月13日(水曜日)までに公民館へ

問い合わせ

芦屋市立公民館(〒659-0068/芦屋市業平町8番24号)

電話番号:0797-35-0700、

ファクス番号:0797-31-4998

講師の先生のプロフィール

河内厚郎

文化プロデューサー・評論家。1952年西宮市生まれ。阪急文化財団理事。兵庫県立芸術文化センター特別参与。宝塚市大使。「はびきの市民大学」学長。三田市総合文化センター事業企画アドバイザー。関西経済同友会幹事。著書に『淀川ものがたり』『わたしの風姿花伝』など。時事通信の書評を担当。

お問い合わせ

公民館

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

ページの先頭へ戻る