ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 高齢者福祉 > 食の自立支援事業

ここから本文です。

更新日:2016年2月24日

食の自立支援事業

おおむね65歳以上の高齢者で食生活に援助を必要とするかたに健康で自立した生活が送ることができるように、必要に応じて栄養指導や配食サービス等の「食」にかかるサービスを提供します。

栄養指導

サービス内容

健康で自立した生活を送ることができるように、必要に応じて保健センターの栄養士による栄養指導等の「食」に係わるサービスを提供します。

対象

おおむね65歳以上の高齢者で食生活に支障をきたし、援助を必要とするかた。

 

配食サービス

対象

  • 単身世帯
  • 高齢者のみの世帯

上記に該当するおおむね65歳以上の高齢者で、家族の介護を十分に受けることができないため、食の自立支援事業により、安否確認を兼ねた配食サービスが必要と認められたかた。

利用できる回数

月曜日から土曜日(国民の祝日と振替休日は休み)で、昼食と夕食を交互に1日1食、最大で週6回お届けします。

種類

低カロリー食、腎臓病食、糖尿病食

利用料

低カロリー食、腎臓病食、糖尿病食:1食600円

お問い合わせ

福祉部高齢介護課高齢福祉係

電話番号:0797-38-2044

ファクス番号:0797-38-2060

ページの先頭へ戻る