ホーム > 防災・安全 > 消防 > 知識・予防 > 119番通報について > 11月9日は「119番の日」

ここから本文です。

更新日:2017年11月6日

11月9日は「119番の日」

11月9日は「119番の日」

消防に対する正しい理解と認識を深め防火・防災意識を高め、地域ぐるみの防災体制の確立に役立つことを目的として、11月9日を「119番の日」とされました。

これからは、落ち着いた119番通報ができる準備をしてください。

「119番通報カード」

火災・救急・救助等の緊急事態が起こった時にダイヤルする番号が「119番」です。

しかし、本当に119番通報が必要な時には慌ててしまい、なかなか落ち着いて通報できないものです。そのような緊急時の119番通報で、伝えることが一目でわかる「119番通報カード」を作成しました。自宅の住所や氏名、電話番号などが記入できますので、電話機のそばに準備するなど、落ち着いた119番通報ができるように利用してください。

救急車をこんな理由で使おうとしていませんか?

救急車をこんな理由で使おうとしていませんか?

救急車は無料だから 優先的に診てもらえる 夜間・休日の診療時間外だった

 

交通手段がない どこの病院に行けばいいか分からない

救急車はタクシーではありません。地域の限られた大切な資源です。症状が軽いのに、このような気軽な理由で使うのはやめましょう。

しかし、こんな時は迷わず119番!!

こんな時は迷わず119番して下さい!!

緊急性の高い病気やケガの時には、迷いのない119番通報をすることで大切な命を守ることができます!

激しい頭痛意識がなくなった突然の胸痛大ケガ

119番と救急車の適正利用にご協力を!

119番の中には、いたずら電話、スマートフォン等のかけ間違い、病院に関する問い合わせや医療・その他の相談が含まれています。

限られた回線を一定時間占有してしまうと、本当に必要な人からの通報が通じなくなる恐れがあります。

「119番」は火事や救急の際、消防車・救急車を出動させるための大切な電話です。

かけ間違った場合も、無言で切らずに、間違いを係員に伝えてください。

全国版救急受診アプリ「Q助(きゅーすけ)」

救急車を呼ぶかどうか、症状を選択して判定できるアプリを消防庁が作成しました。

全国の医療情報ネットや、タクシー事業者を検索できる機能も付いています。

消防庁「Q助」案内サイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

「Q助」利用案内(PDF:2,178KB)(別ウィンドウが開きます)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防本部警防課通信装備担当(通信)

電話番号:0797-32-2345

ファクス番号:0797-32-0119

ページの先頭へ戻る