ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障がい者福祉 > 軽・中度難聴児補聴器購入費等の助成について

ここから本文です。

更新日:2015年2月19日

軽・中度難聴児補聴器購入費等の助成について

平成25年10月から軽・中度の難聴児の補聴器購入費用等の一部が助成されます

助成対象児

この事業の助成対象児は、保護者が市内に住所を有する者であって、次の要件を全て満たす児童です。

  • 18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者
  • 両耳とも聴力レベルが30デシベル以上70デシベル未満で、身体障害者手帳の交付の対象とならない者(片耳の聴力レベルが70デシベル以上で、他方の耳の聴力レベルが70デシベル未満の場合又は片耳の聴力レベルが30デシベル以上で、他方の耳の聴力レベルが30デシベル未満の場合において、身体障害者手帳の交付対象とならない者を含む。)
  • 補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断する者
  • 世帯の市民税(所得割)額の合計が23万5千円以下であること

助成内容

  • 補聴器等購入費

名称

一台(一式)当たり
の助成額(円)

耐用年数

ポケット型

40,000

5年

耳かけ型

耳穴型(レディメイド)

骨導式ポケット型

骨導式眼鏡型

100,000

耳穴型(オーダーメイド)

FM補聴システム(一式)

 

  • 耳あて等交換費

名称

1個当たりの
助成額(円)

耐用年数

耳あて(イヤモールド)

6,000

3月

耳穴型シェル(オーダーメイド)

18,000

申請に必要なもの

助成金の請求に必要なもの

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部障害福祉課障害福祉サービス係

電話番号:0797-38-2043

ファクス番号:0797-38-2178

ページの先頭へ戻る