ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > あしやキッズスクエア(放課後子供教室) > キッズスクエアニュース(5月10日更新)

ここから本文です。

更新日:2017年12月28日

キッズスクエアニュース(12月28日更新)

体験プログラム「カムカム教室」(江崎グリコ株式会社)

江崎グリコ株式会社の社員のみなさまが特製のガムを用意してくださり、噛むことの大切さや食に関するクイズなど、楽しいプログラムを提供してくださいました。
guriko

 

体験プログラム「バスケットボール教室」(芦屋大学バスケットボール部)

芦屋大学バスケットボール部の先生や学生の皆さんが、キッズスクエアでバスケットボールの楽しさを教えてくださいました。ドリブル、シュートなど大学生の皆さんと一緒にバスケットボールの楽しさを感じる
ことができました。

basketohanashiai

 

なかなかシュートすることが難しい子どもの姿を見て、大学生のお兄さんが助けてくれました。 

baskethelp

 

体験プログラム「スミセイアフタースクールプログラム 木のぬくもり、不思議をしろう」
(竹中大工道具館)

スミセイアフタースクールプロジェクトの協力を得て、竹中大工道具館のみなさまにいろいろな木の重さや匂い、ノコギリ・カンナ・墨うち体験を行っていただきました。

takenaka

 

体験プログラム「釣り教室」(株式会社フィッシングマックス)

市内平田町にある釣具屋のフィッシングマックスさんが、子ども達に釣りの楽しさを体験してほしいと7小学校で釣り具の使い方、危険な魚(毒魚)、エサなどについて体験を通して教えてくださいました。

fishingumax

 

体験プログラム「県芦ラグビー部と遊ぼう」(兵庫県立芦屋高等学校ラグビー部)

県立芦屋高等学校ラグビー部の皆さんが定期的にキッズスクエア精道・宮川で汗も笑顔もいっぱいになる楽しいプログラムを実施してくれています。夏には、ふだん行くことが難しい山手・朝日ケ丘・潮見・打出浜・浜風でもプログラムを実施してくれました。

kenashiragubiseiretu

 

10月に行なった遊びリンピックの表彰式をラグビー部の高校生が行ってくれました。 

ragubiyhyoushou

 

最初は、たくさんの高校生に戸惑っていた子も、最後は肩車をしてもらうほど仲良くなれ、今ではラグビー部のプログラムを楽しみにしている子ども達です。

kennashirabubikinenshashinn

 

ラグビーだけでなく、子どもたちのやりたいと思っていることを真剣に聞き、叶えよう一生懸命な頼もしい高校生の皆さんです。

kenashiahnashiai

 

お問い合わせ

教育委員会社会教育部青少年育成課青少年育成係

電話番号:0797-38-2110

ファクス番号:0797-38-2124

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る