ホーム > 防災・安全 > 交通 > 交通バリアフリー情報 > 平成27年度各事業者等の取り組み報告

ここから本文です。

更新日:2018年3月12日

平成27年度各事業者等の取り組み報告

重点整備地区(PDF:1,338KB)(別ウィンドウが開きます)

平成24年11月作成

重点整備地区内における平成27年度の取り組みを報告します。

阪急バス株式会社

項目 内容
低床車両の導入

平成27年10月ノンステップバス1台導入(国、県、市の補助)
(ノンステップバス27両ノンステップバス化率61.4%)※平成28年2月末現在

 

ページの先頭へ戻る

芦屋警察署

内容

音響式歩行者誘導装置の設置(青少年センター前交差点)

音響式歩行者誘導装置の近景写真音響式歩行者誘導装置の遠景写真

 

ページの先頭へ戻る

国土交通省(国道43号)

内容

国道43号芦屋歩道橋(南側)において、エレベーターの設置(※)

南側エレベーター1階乗降口の写真南側エレベーター2階乗降口の写真

 

 

 

ページの先頭へ戻る

芦屋市(市役所)

内容

国道43号芦屋歩道橋(北側)において、エレベーターの設置(※)

本庁東館においての取り組み

  • 階段踏面を建物内部・外部共に黄色で統一
  • オストメイトやだれでもトイレを設置
  • 3階及び地下連絡通路等に誘導ブロックを整備
  • 階段手すりを2段式とし、盲人用点字を取付
  • 東館庁舎北側歩道では歩行者と車両の分離を図り、県道側では歩道の幅員を拡幅

北側エレベーター1階乗降口の写真北側エレベーター2階乗降口の写真

 

(※)国道43号芦屋歩道橋では、国土交通省と市が協力し、それぞれが管理する敷地内において歩道橋に接続するエレベーターを設置しました。
その結果、阪神芦屋駅から国道43号を横断するまでの生活関連経路は、エレベーターを利用することにより、通行の安全性が向上し、一層のバリアフリー化を図ることができました。

 

ページの先頭へ戻る

芦屋市(芦屋市立体育館・青少年センター)

内容

2階多目的トイレにオストメイトを設置

2階多目的トイレ横に赤ちゃんの駅を設置

オストメイトを設置した多目的トイレの写真赤ちゃんの駅の内部状況写真

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部都市計画課都市計画係

電話番号:0797-38-2073

ファクス番号:0797-38-2164

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る