ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉施設 > 保健福祉センター > 福祉センターエントランス・コンサート > 福祉センターエントランス・コンサートpart100のご報告

ここから本文です。

更新日:2018年12月7日

福祉センターエントランス・コンサートpart100のご報告

 

皆さんこんにちは

芦屋市福祉センターです。

 

平成22年7月に保健福祉センターが

オープンした翌月から

毎月開催してきたコンサートが第100回となり

これまでに約17,000人ものお客様をお迎えしました。

 

エントランスコンサートのあゆみを掲示しています

会場には「エントランス・コンサートのあゆみ」と題して

福祉センターが作成した

1回目から100回目までの

各コンサートのチラシを展示し

お客様にはすべての出演者を紹介する

リーフレットをお配りしました。

100回記念の掲示をしています

 

そして記念すべきコンサートとして

第1回の出演者

芦屋市在住のピアニスト金澤佳代子さんと

今回初登場のヴァイオリニスト

木田雅子さんの共演で

「100回記念クリスタルコンサート」

を開催しました。

 

金澤さんと木田さん

 

美しい青いバラのドレスの金澤さんと

優しいピンクのドレスの木田さんの登場です。

 

金澤さん青いバラのドレス

 

エルガー作曲の「愛のあいさつ」で

コンサートは始まります。

 

2階席からの様子

 

「月の光」や

「トルコ行進曲付きソナタ」を

格調高く演奏する金澤さん。

 

ピアノソロ演奏中の金澤さん

 

クリスタルのように研ぎ澄まされた演奏に

じっと耳を傾けるお客様。

エントランスホールは

その一音一音まで

聴き逃すまいとするような

厳粛な雰囲気に包まれます。

演奏が終わり会場からの声援と拍手の大きさが

感動の深さを伝えているようでした。

 

木田さんの演奏するヴァイオリンは

阪神・淡路大震災で

12枚の破片になりました。

 

木田さんのヴァイオリン

日本のヴァイオリン職人が1年近くの時間をかけて

蘇えらせてくれたそうです。

そのヴァイオリンで弾くのは

「チゴイネルワイゼン」。

「ジプシーの旋律」と訳されるこの曲を

木田さんが経験した震災への思いも込めて

感情豊かに演奏され

会場からは感動の拍手が鳴りやみませんでした。

 

ヴァイオリン演奏中の木田さん

 

みんなで歌いましょうのコーナーは

I LOVE ASHIYAの加藤純子さんと

友情出演の山中裕平さんのヴァイオリンとともに

日本の秋のメドレーを楽しみました。

 

みんなで歌いましょうの様子

 

またエントランス・コンサートの度に

手話歌グループあしやさんと

会場のお客様とで練習を重ねてきた

「この町がすき」を

手話歌で一緒に歌います。

 

「みんなで歌いましょう」の様子

 

最後に山中市長から

福祉センターのエントランス・コンサートを

応援していただいている皆さまに

感謝をお伝えしてコンサートは終わりました。

 

コンサートを終えて記念撮影

 

230人のお客様をお迎えして

100回記念にふさわしいコンサートを

お楽しみいただけたと思います。

 

次回101回目のコンサートは

「クリスマス&エントランスコンサート」です。

どうぞお越しください。

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

福祉部福祉センター 

電話番号:0797-31-0612

ファクス番号:0797-31-0614

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る