ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉施設 > 保健福祉センター > 福祉センターエントランス・コンサート > 福祉センターエントランス・コンサートpart95のご報告

ここから本文です。

更新日:2018年7月27日

福祉センターエントランス・コンサートpart95のご報告

 

皆さんこんにちは

芦屋市福祉センターです。

福祉センターエントランス・コンサートpart95のご報告です。

 

草木の青々と茂るこの季節に

「青水無月の午後」と題して

gloss.(グロス)さんのつややかな演奏を

聴いていただきました。

グロスの三人

ピアノとサクソフォンの協演ですが

それだけではありません。

バンドネオンの音色の鍵盤ハーモニカや

キラキラした音を表現するウィンドチャイム

レインスティック

バリの民族楽器レインスティック

フィンガーシンバル

小さなフィンガーシンバル

箱のような打楽器カホン

カホン

サクソフォンも演奏曲によって

アルト、テナー、バリトンに

持ち替えての演奏でした。

サクスフォン演奏中

 

~サティの世界~では

「家具の音楽」の紹介がありました。

フランスのエリック・サティが

日常生活を妨げない、

意識的に聴かれることのない音楽を

目指して作曲した曲を

「家具の音楽」と呼ぶのだそうです。

3曲ともサクソフォンの音色が心地よく

聴きやすい快適な音楽です。

 

ピアノと鍵盤ハーモニカを同時に演奏する具さん

「リベルタンゴ」ではピアノの具さんが

鍵盤ハーモニカとピアノを同時に演奏される大熱演で

会場は大いに盛り上がりました。

翼をくださいの手話歌は素敵

「みんなで歌いましょう」は

手話歌グループあしやさんと「翼をください」

「翼をひろげ」の手話歌表現がとてもきれいで

会場の皆さんとともにたくさんの翼がはためきました。

 

ディズニーメドレー演奏中

サクソフォンの朗々としてのびやかな音色

ピアノの透き通った演奏

高揚感を覚えるカホンのリズム

 

ピアノを演奏する具さん

 

映画音楽、アルゼンチンタンゴ

日本の夏の童謡、ディズニーメドレー

イタリアのカンツォーネ(大衆歌曲)と

盛りだくさんの内容を

素晴らしい演奏で聴くことができました。

会場のお客様には青水無月の午後を

存分にお楽しみいただけたのではないでしょうか。

演奏を終えたグロスの皆さん

では次回のエントランス・コンサートpart96をお楽しみに

福祉センターエントランス・コンサートpart96は

「第9回あしや保健福祉フェア」のイベントとして

7月28日(土曜日)正午より開催します。

通常の第4日曜日ではありませんので

お間違えのないようにお越しください。

台風の接近に伴ない「あしや保健福祉フェア」の終了時間を早める場合があります。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

福祉部福祉センター 

電話番号:0797-31-0612

ファクス番号:0797-31-0614

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る