ホーム > まちづくり > 住まい > その他 > 住宅災害復興融資利子補給事業

ここから本文です。

更新日:2020年9月30日

住宅災害復興融資利子補給事業

成30年度に発生した大規模な自然災害(7月豪雨災害・台風20号・台風21号災害)により被災された市民の皆さまが住宅の再建(購入、建設及び補修)を行なう際、住宅融資に係る利子の一部を助成します。

対象者

被災時に芦屋市において、日本国籍を有する者又は永住許可を受けた外国人

申請時期

住宅再建に係る融資の最終資金交付日から、原則一か月以内(申請期限は平成33年3月31日)

要件

被災住宅に替わる住宅を建設又は購入するとき(すべての要件を満たす者)

  1. 持家が全壊、大規模半壊、又は半壊の被災認定を受け、当該持家が解体されたこと。
  2. 被災住宅の所在する市内において、自らが主として居住する住宅を500万円以上の融資を受けて建設又は購入すること。
  3. 新たに建設又は購入する住宅の床面積が175平方メートル以下(被災した住宅の床面積が175平方メートルを超える場合は、当該床面積が上限)で、建築基準法その他関係法令に適合している住宅であること。
  4. 中古住宅の場合は、耐震性が確保されたものであること。

被災住宅を補修するとき(すべての要件を満たす者)

  1. 持家が全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊、又は床上浸水の被災認定を受けたこと。
  2. 被災住宅の所在する市内において、自らが主として居住するために、500万円以上の融資を受けて被災住宅を補修すること。

利子補給について

利子補給期間

最終資金交付日以降の最初の償還日の前月における応当日の翌日から5年間

限度額

区分

対象限度額

被災住宅に替わる住宅を建設又は購入するとき。

2,150万円

被災住宅を補修するとき。

1,130万円

利子補給率

住宅金融支援機構の災害復興住宅融資利率まで(ただし、最大年2.5%まで)

要綱

芦屋市住宅災害復興融資利子補給制度実施要綱(PDF:96KB)(別ウィンドウが開きます)

申請様式

芦屋市住宅災害復興融資利子補給金交付申請書(建設・購入)(ワード:73KB)(別ウィンドウが開きます)

芦屋市住宅災害復興融資利子補給金交付申請書(補修)(ワード:70KB)(別ウィンドウが開きます)

芦屋市住宅災害復興融資利子補給金請求書(ワード:35KB)(別ウィンドウが開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部住宅課住宅係

電話番号:0797-38-2721

ファクス番号:0797-38-2722

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る