ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > お知らせ > 新型コロナウイルスと闘うごみ収集レポート1(ごみ出しのポイントと応援メッセージへのお礼)

ここから本文です。

更新日:2020年5月29日

新型コロナウイルスと闘うごみ収集レポート1(ごみ出しのポイントと応援メッセージへのお礼)

4月28日、小泉環境相より、国民の皆さまへ家庭ごみ量の増加に伴う作業員の感染リスクの高まりに対する指摘と、染防止対策として有効なごみ出し方法に加えて、収集作業員への応援の呼び掛けがありました。

芦屋市におけるごみ出しのポイント(新型コロナウイルス感染防止対策)

緊急事態宣言は解除となったものの、今後も感染防止対策の徹底が必要です。ごみの収集・処理を安定的に継続できるよう、今一度、環境省や厚生労働省の発信も踏まえた芦屋市でのごみ出しのポイントについて、更なるご協力をお願いいたします。

  1. 生ごみと「マスク、ティッシュ、プラスチック類、衣類」等は袋を分ける
  2. ごみ袋に封をする際、ごみに直接触れない
  3. ごみ袋は、中の空気を抜いてから、しっかりしばって封をする
  4. ごみネット等を正しく使用してごみ出しを行なう(カラス被害等によるごみ散乱防止)
  5. ごみを捨てた後は、すぐにしっかりと手を洗う

これらは、ごみ出しをされるご本人・ご家族はもちろんのこと、日ごろ清掃をされる地域の皆さま、収集作業員への感染拡大を防ぐ効果が期待できます!

芦屋市でも、ねぎらいや応援のお声が届いています!ありがとうございます!

korona

korona02

korona03

korona04

本市でも、ごみ収集作業員に対する市民の皆さまからのねぎらいや応援のメッセージを多数頂戴しています。作業員一同、大変励みになっており、業務を安定的に継続させることの大切さと責任を噛みしめて日々感染予防に努めているところです。

しかしながら、ごみ袋にメッセージを書くことや貼り付けることは、皆さまがごみ袋等に触れる機会が増えてしまうことによって感染リスクが高まることや、作業員がメッセージの書かれたごみ袋を収集車へ投入することにためらいを感じたり、メッセージを読むことで収集作業の遅れにつながってしまうことなども心配されます。

いま、私達、収集作業現場からお伝えできることとして、

皆さまのお気持ちは、日々のちょっとしたご協力からもしっかりと感じ取ることができます!

これからも、応援のお気持ちを、分別や減量化の工夫により毎日のごみを少しずつ減らすごみの散乱や袋の破裂がないように心配りいただくことのご協力により届けていただけると大変有り難いです。

関連リンク

ごみ収集・処理が続けられるように~芦屋市環境処理センターからのお願い~

お問い合わせ

市民生活部環境処理センター(収集事業課)業務時間:午前7時30分~午後4時(午後0時~0時45分を除く) 業務日:祝日を含む月曜日~金曜日

電話番号:0797-22-2155

ファクス番号:0797-32-6247

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る