ここから本文です。

更新日:2022年7月25日

 芦屋市大学等入学支度金制度【入学後申請】

芦屋市では、故荒巻シヅ子様からのご寄附を受け、故人のご遺志に沿って「芦屋市大学等入学支援基金」を設立しました。この基金により、向学心を持ちながら、経済的な理由で大学等への入学が困難なかたに対し、入学に必要な支度金(入学金又は入学料)を給付する大学等入学支度金制度を実施します。

令和4年4月入学対象の受付は令和5年3月31日までです

大学等入学後に高等教育の修学支援新制度を申請する方について、本制度への申請を受け付けます。
令和4年4月入学対象の受付は令和5年3月31日までです。

対象者

次のすべての要件を満たしているかた

  1. 申請時点で1年以上継続して芦屋市に住所を有しているかた
  2. 令和4年4月学校教育法第1条に規定する大学等のうち、国の高等教育の修学支援新制度の対象となっている大学等に入学されたかた
  3. 国の高等教育の修学支援新制度を申請し、第Ⅰ区分で採用されているかたのうち、入学金の減額が適用されるかた(第Ⅰ区分は住民税非課税世帯相当)
  4. 大学等が実施する他の減免等の制度により入学金の全額免除を受けていないかた(入学後に全額免除を受ける見込みであるかたを含む。)

国の高等教育の修学支援新制度への申請を必ず行ってください。

国の高等教育の修学支援新制度についてはこちら。(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

 

学校教育法第1条に規定する大学等

国、地方公共団体及び学校法人が設置する下記の学校になります。

  • 大学
  • 短期大学
  • 高等専門学校(第1学年から第3学年までを除く)
  • 高等学校専攻科
  • 特別支援学校専攻科
  • 中等教育学校後期課程専攻科

上記大学等のうち、国の高等教育の修学支援新制度の対象となっている大学等に通うかたが、本制度の対象者となります。

国の高等教育の修学支援新制度の対象となっている大学等についてはこちら。(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭に戻る

給付額

入学金の実負担額を給付します(上限20万円、1人1回に限ります。)
※実負担額とは、入学金の額から他の減免制度の減額分を控除した額のことを指します。

受付期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日まで

手続きの流れ

必要書類をそろえて給付申請書を提出

2審査

審査を行ないます

3給付の可否の決定

給付の可否について通知します

4給付

指定口座(原則本人又は保護者名義)へ振込

入学金(入学料)の領収書の写しを提出

 

 

ページの先頭に戻る

給付の申請

必要書類をそろえて申請してください。

  1. 芦屋市大学等入学支度金給付申請書(PDF:46KB)(別ウィンドウが開きます)
  2. 芦屋市大学等入学支度金給付請求書(PDF:34KB)(別ウィンドウが開きます)
  3. 国の高等教育の就学支援新制度を第Ⅰ区分で採用されていることがわかる書類
  4. 国の高等教育の就学支援新制度にて、入学金の減額が適用されることが確認できる書類(3の書類で確認できる場合は不要)
  5. 入学予定の大学等の入学金(入学料)の額が確認できる書類(パンフレット等)
  6. 在学証明書又は学生証の写し
  7. 他の減免制度により入学支度金の一部免除を受ける場合は、その額がわかる書類
  • 入学金(入学料)の額が確認できる書類については写しで構いませんが、大学等の名称が確認できる箇所(表紙等)も併せて提出してください。

領収書の提出

大学等へ入学金(入学料)を納入後、速やかに領収書の写しを提出してください。

ページの先頭に戻る

給付の決定が取消しとなる場合

下記に該当する場合は、給付の決定を取消します。取消し時点で既に入学支度金の給付を受けておられる場合は、当該支度金の一部又は全部を返還していただきます。

  1. 入学支度金の給付の対象要件に該当しなくなったとき
  2. 大学等において入学金等の全部免除を受けたとき
  3. 実際に支払われた大学等の入学金(入学料)が給付決定額を下回るとき
  4. 詐欺その他不正な行為により入学支度金の給付を受けたとき
  5. その他教育委員会が入学支度金を給付することが適当でないと認めたとき

ページの先頭に戻る

Q&A

 

1

国の高等教育無償化との併用はできますか。

国の高等教育無償化の対象となるかたは、修学支援新制度への申請を行ってください。その上で減免されなかった金額について、本制度の対象となります。

2

専修学校は対象になりますか。

本制度は、学校教育法第1条に規定する大学等を対象としており、専修学校は対象ではありません。

3

大学の通信制課程は、制度の対象になりますか。

対象となる大学等の通信制課程については対象となります。

4

高等専門学校の3年生から4年生に進学など、いわゆる内部進学は申請の対象になりますか。

この制度は、入学金を給付の対象としており、内部進学については、入学金は発生しませんので対象にはなりません。なお、外部から編入される場合について、入学金が発生する場合は、対象となります。

5

入学する大学等の入学金実負担額は15万円ですが、20万円の給付を受けることができますか。

給付額については、20万円を上限としており、実際、お支払いされた入学金が上限額未満である場合は、実際にお支払された入学金の額が給付決定額になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る

過去の給付実績

入学後申請は、今年度(令和4年度4月入学)より受付を行っています。

ページの先頭に戻る

お問い合わせ

教育委員会管理部管理課学事係

電話番号:0797-38-2085

ファクス番号:0797-38-2166

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る