ホーム > 市政 > 市の概要 > 組織から探す > 市の組織 > 地域経済振興課 > コイヘルペスウイルス病のまん延防止について

ここから本文です。

更新日:2021年6月10日

コイヘルペスウイルス病のまん延防止について

コイヘルペスウイルス病(KHV)とは

  • マゴイ・ニシキゴイ特有の病気で、目立った外部症状はなく死亡率が極めて高いのが特徴です。
  • 現在治療方法はなく、感染コイの移動禁止による防除対策が有効とされています。
  • コイ以外の魚や人には感染せず、感染したコイを食べても影響はありません。

兵庫県内での発生状況は、平成22年に個人宅で飼育されていたニシキゴイで感染が確認されて以降、現在まで発生は確認されていません(令和3年3月31日現在)。

ただし、過去にコイヘルペスが発生した河川、湖沼では多くのコイがKHV抗体を持っており、発症や死亡が抑制されていると考えられますが、このような河川、湖沼水から隔離された閉鎖的な養殖場や清浄な河川、湖沼にKHVウイルスが侵入した場合は、コイの大量死を招く恐れがあるため、まん延を防止する必要があります。

兵庫県内水面漁場管理委員会により以下のように指示されています。

内容

  1. 県内の河川等からコイを持ち出して他の水域に放流することを禁止。
  2. 県内の河川等にコイを放流するときは、PCR検査により、そのコイがKHVに感染していないことを確認すること。
  3. コイの生死を問わず、河川等への投棄は禁止。

期間

令和3年1月1日から同年12月31日まで

お問い合わせ

市民生活部地域経済振興課商工観光・農林係

電話番号:0797-38-2033

ファクス番号:0797-38-2176

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る