ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナワクチン接種について > 12歳以上15歳以下の方のワクチン接種について

ここから本文です。

更新日:2021年10月26日

12歳以上15歳以下の方のワクチン接種について

新型コロナワクチンは、接種の効果や副反応などについて本人と保護者が理解した上で、接種を受ける必要があります。
12歳以上15歳以下の方への予防接種を実施する場合は保護者の同意が必要です。

※保護者とは、親権者又は後見人のいずれかとなります。

目次

 

保護者の同伴について

12歳以上15歳以下の方のワクチン接種については、下記のとおり保護者の同伴が必要です。

※保護者とは、親権者又は後見人のいずれかとなります。

集団接種会場

保護者の同伴が必要です。同伴がない場合は、接種を受けられませんのでご注意ください。

※やむを得ず保護者が同伴できない場合は、「被接種者の既往歴の説明や緊急時の意思判断のできる成人」の同伴が必要です。その際には、保護者の本人確認書類の写予診票への保護者の署名が必要となります。

個別接種

小学生 同伴が必要です。
中学生以上

芦屋市内の個別医療機関で接種を受ける場合は、原則同伴が必要です。
(※保護者が同伴できない場合や市外の医療機関で接種を受ける場合は、接種を受ける医療機関へ事前にご相談ください。)

 

ページの先頭へ戻る

予診票の記入について

接種を受けるには、予診票の署名欄に、「保護者の氏名」を署名していただく必要があります。保護者の署名がなければ接種は受けられません。

予診票の「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(予診や接種の際に必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。

※予診票は、接種券とともに2部同封して発送しています。

※保護者とは、親権者又は後見人のいずれかとなります。

記載例

記入例15-19

ページの先頭へ戻る

持ち物

  • 接種券
  • 予診票
  • 被接種者の本人確認書類(マイナンバーカード・健康保険証や学生証等)
  • 保護者の本人確認書類(マイナンバーカード・健康保険証や運転免許証等)
  • 母子健康手帳

※保護者とは、親権者又は後見人のいずれかとなります。

ページの先頭へ戻る

予防接種の間隔について

原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません。新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに片方のワクチンを受けてから2週間の間隔を空ける必要があります。
なお、創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することが可能です。

12歳以上15歳以下の方は、二種混合や日本脳炎等の定期予防接種と重ならないよう、母子健康手帳等で確認するようにしてください。

ページの先頭へ戻る

12歳の方への接種券の送付・予約受付について

12歳の誕生日を迎える方につきましては、誕生月の前月中に接種券を送付いたします。

ご予約につきましては、12歳の誕生日を迎えた後の最初の木曜日から受付を開始いたします。
例)9月2日(木曜日)生まれの方→9月2日(木曜日)
  9月3日(金曜日)生まれの方→9月9日(木曜日)

ページの先頭へ戻る

接種実施医療機関

市内の接種実施機関は以下のとおりです。

  1. 集団接種会場(保健福祉センター・グルメシティ芦屋浜店)
  2. 個別医療機関

ページの先頭へ戻る

接種可能なワクチン

ファイザー社

12歳以上

武田/モデルナ社

12歳以上

※市内の集団接種会場及び個別医療機関では、ファイザー社製のワクチンを使用しています。

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

芦屋市新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0797-31-0655
ファクス番号:0797-31-1018

ページの先頭へ戻る