ここから本文です。

更新日:2024年1月18日

乳幼児の方のワクチン接種について

新型コロナワクチンは、接種の効果や副反応などについて理解した上で、接種を受ける必要があります。
満6か月以上5歳以下の方への予防接種を実施する場合は保護者の同意が必要です。

※保護者とは、親権者又は後見人のいずれかとなります。

目次

   

重要なお知らせ

ファイザー社の乳幼児用ワクチンでの初回接種について

ファイザー社の乳幼児用ワクチンでの初回接種を完了するには、原則、令和6年1月14日(日曜日)までに1回目の接種を受ける必要があります。
(接種間隔:【2回目】1回目接種から通常3週間、【3回目】2回目接種から8週間以上)。
 
なお、この1回目の接種期限は、「令和6年3月31日(日曜日)に3回目の接種を受ける」ことを基に算出しています。医療機関によっては、1回目の接種について、上記日程より早い終了を予定している場合がありますので、接種を検討される方は医療機関へお問い合わせください。

厚生労働省・兵庫県のホームページ

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)

厚生労働省では、乳幼児接種についてのQ&Aをまとめています。

初回用接種券の発行申請について

生後6か月~4歳の方の初回用接種券につきましては、申請を基に発券※1します。
生後6か月未満の方について、生後5か月を迎える月の20日頃に申請書を送付します。
転入等※2で申請書が手元にない方につきましては、下記申請ページから発行申請できます。

※1 追加接種の接種券については、接種可能となる日の10日前頃に送付します(初回接種をモデルナで接種された方は、発行申請が必要です)。
※2 転入前に1回以上接種済の方は、再発行を選択し、必要な接種回数を選択したうえで申請してください。

様々な事情により、初回接種の全てを完了できないとしても、一定の効果は期待されますので、可能な範囲で接種をご検討ください。

乳幼児用の初回接種券は、1・2回目用接種券と3回目用接種券の2枚1組です。

※モデルナ社ワクチンを接種された方は、3回目用接種券(初回用)を使用せず破棄してください。

転入者の方

初回(1・2・3回目)接種用

下記申請フォームより申請してください。

対象:芦屋市に住民票のある生後6か月以上4歳以下の方

※5歳以上での接種を検討されている方は、5歳の誕生日を迎える月の前月20日頃に改めて接種券を送付するため、申請は必要ありません。

電子申請で申請する場合

プリンターがなくてもパソコンかスマートフォンがあればご自宅で行えます。

※転入前に1回以上接種済の方は、再発行を選択し、必要な接種回数を選択したうえで申請してください。

郵送で手続きする場合

下記の必要書類を郵送でご提出ください。

【必要書類】

あて先

〒659-0051

芦屋市呉川町14-9

こども家庭・保健センター 新型コロナワクチン担当

記入・添付漏れがあった場合は、書類を受理できませんのでご注意ください。

令和5年秋開始接種用接種券について

お手元の接種券(追加接種用)で接種可能です。
お手元に接種券がない場合は、こちらのページから発行(再発行)申請をおこなってください。

ページの先頭へ戻る

保護者の同伴について

満6か月以上4歳以下の方のワクチン接種については、保護者の同伴が必要です。

同伴がない場合は、接種を受けられませんのでご注意ください。

※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。その際には、保護者の本人確認書類の写予診票への保護者の署名が必要となります。

ページの先頭へ戻る

接種するワクチンについて

接種回数・間隔

初回接種

【ファイザー社ワクチン】

生後6か月以上4歳以下の方の初回接種は3回です。
2回目接種は1回目接種の3週間後、3回目接種は2回目接種から少なくとも8週間経過した後に接種してください。

乳幼児接種図

【モデルナワクチン】

生後6か月以上5歳以下の方の初回接種は2回です。
2回目接種は1回目の4週間後以降に接種してください。
接種間隔

令和5年秋開始接種【令和5年10月2日(月曜日)~】

初回接種完了から3か月経過に接種可能となります。
令和5年秋開始接種は、1人1回までです。

ワクチン種類

回数 製薬会社 対象年齢
初回接種 ファイザー社製
【XBB.1.5対応1価ワクチン】
生後6か月~4歳以下
モデルナ社製
【XBB.1.5対応1価ワクチン】
生後6か月~
令和5年秋開始接種 ファイザー社製(6か月~4歳用)
【XBB.1.5対応1価ワクチン】
生後6か月~4歳以下

※6か月~4歳用や5~11歳用,12歳以上用のワクチンは同じファイザー社製ですが、濃度や容量が異なる別製剤です。
※1回目の接種時は4歳以下の方で、2回目又は3回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、2回目及び3回目接種にも1回目と同じ6か月~4歳用ワクチンを使用します。

タイミング別ワクチン表

説明書

5歳以上11歳以下

下記のページをご覧ください。

小児について

ページの先頭へ戻る

予診票の記入について

接種を受けるには、予診票の署名欄に、「保護者の氏名」を署名していただく必要があります。保護者の署名がなければ接種は受けられません。

予診票の「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(予診や接種の際に必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。

※予診票は、接種券とともに3部同封して発送します。

※保護者とは、親権者又は後見人のいずれかとなります。

記載例

予診票記載例(小児)

ページの先頭へ戻る

持ち物

  • 接種券
  • 予診票
  • 被接種者の本人確認書類(マイナンバーカード・健康保険証等)
  • 保護者の本人確認書類(マイナンバーカード・健康保険証や運転免許証等)
  • 母子健康手帳

※保護者とは、親権者又は後見人のいずれかとなります。

ページの先頭へ戻る

予防接種の間隔について

原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません(インフルエンザの予防接種を除く)。新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに片方のワクチンを受けてから2週間の間隔を空ける必要があります。
なお、創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することが可能です。

生後6か月以上4歳以下の方は、小児用肺炎球菌や4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ),日本脳炎等の定期予防接種と重ならないよう、母子健康手帳等で確認するようにしてください。

接種間隔(小児)

ページの先頭へ戻る

予約について

下記のページをご確認ください。

予約・接種

接種実施医療機関

市内の接種実施機関は以下のとおりです。

初回接種

令和5年秋開始接種

接種後の副反応について

接種が終わってすぐ体調不良になったときは、接種場所には医師・看護師等がいますので適切に処置します。接種場所から帰宅後、気になる症状を認めた場合は、近隣の医療機関に相談・受診してください。

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

新型コロナワクチン担当(こども家庭・保健センター)
電話番号:0797-31-0655
ファクス番号:0797-31-1018

ページの先頭へ戻る