ここから本文です。

更新日:2022年7月22日

追加接種(4回目接種)について

新型コロナウイルスワクチンの4回目接種について、国から接種方針が示されました。

4回目の接種は、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化予防を目的として実施します。

接種対象

4回目接種の対象は以下のとおりです。
なお、18歳未満の方は対象外となります。
※年齢は接種日時点を基準とします。

※60歳以上の方については、4回目接種により、重症化予防効果が一定の期間保たれるとされているため、「努力義務」が適用されています。

※18歳以上60歳未満の方については、基礎疾患があると新型コロナウイルス感染症による重症化リスクが大きくなることが明らかになっているものの、基礎疾患を有する方等への4回目接種の効果については科学的知見が十分ではないため、現時点では「努力義務」の規定が適用されていません。

60歳以上の方

  • 3回目接種の完了から5か月が経過したすべての方

18歳以上60歳未満の方

3回目接種の完了から5か月が経過した方のうち、1・2のいずれかに該当する方

1.基礎疾患を有する方等(以下のいずれかに該当)

  • 基礎疾患を有する方
  • その他新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方

2.医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

国が示す基礎疾患の範囲

1.以下の病気や状態の方で、通院/入院している方
(※の項目に該当する方は、通院/入院していない場合でも対象となります。)

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障がい等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障がい(重度の肢体不自由と重度の知的障がいとが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している※、又は自立支援医療(精神通院治療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障がい(療育手帳を所持している※場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
BMI30の目安:身長170cm(1.7m)で体重約87kg、身長160cm(1.6m)で体重約77kg

ワクチンの種類

ファイザー社製ワクチン及びモデルナ社製ワクチンを使用します。

接種券について

満18歳以上の方について、3回目接種から5か月経過する10日前頃に送付します。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

※18歳以上60歳未満の方は、基礎疾患を有する方等及び医療従事者等及び高齢者施設等の従事者のみが接種の対象となります。該当しない方は接種できませんのでご注意ください。

接種場所・接種開始時期について

詳しくはこちらのページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

芦屋市新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0797-31-0655
ファクス番号:0797-31-1018

ページの先頭へ戻る