ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > 秋の公民館講座・開講記念講演会「古市・百舌鳥古墳群の倭国王墓」(申込不要)

ここから本文です。

更新日:2019年8月10日

秋の公民館講座・開講記念講演会「古市・百舌鳥古墳群の倭国王墓」(申込不要)

 

 「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に登録された。古墳時代は、倭国が形成された時代であり、前方後円墳をはじめとする古墳により身分秩序を表示していた。古市・百舌鳥古墳群は、4世紀末に新たに河内を本拠地とする河内政権が成立し、この時期の倭国王らの残した5世紀代を中心とする古墳群である。古市・百舌鳥古墳群にある倭国王墓の被葬者について、考えるところを述べてみることにする。

古市・百舌鳥古墳群の倭国王墓(PDF:577KB)(別ウィンドウが開きます)

事業内容

日時

令和1年9月28日(土曜日)午後2時~3時30分

会場 市民センター401室

定員

先着100人

講師 大阪市立大学大学院文学研究科 教授 岸本直文
受講料 無料

申込方法

不要。直接会場へお越しください。

問い合わせ 芦屋市立公民館(電話番号:0797-35-0700)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

公民館  

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る