ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > 歴史を探る~戦国時代の闇をあばく その2(9月16日受付締切)

ここから本文です。

更新日:2019年8月10日

歴史を探る~戦国時代の闇をあばく その2(9月16日受付締切)

秀吉が確実な資料に登場するのは29歳。それ以前はほとんどわからない。九大教授服部英雄氏はいう。秀吉はムシロ一枚を持つストリートチルドレン、最極貧層の出、故東大教授石井進氏は「連雀衆(行商)」であったという。

私はこの説を踏まえ秀吉はだれも見たことのない戦国の時代の“社会相”を見たのではないか。そして、行商衆を統率して流通を掌握し、普通の武将まで届かない細々した情報を手に入れたのではないか。それが稀有ともいうべき信長の心をとらえ、重臣への階段を駆け上がらせた、と思える。

戦国時代、言いかえれば信長と秀吉の時代。躍動の時代だった。

歴史を探る~戦国時代の闇をあばくその2案内チラシ(PDF:81KB)(別ウィンドウが開きます)

 

事業内容

日時

令和1年10月3日(木曜日)~12月5日(木曜日)

午前10時15分~11時45分

会場 芦屋市民センター401室

定員

90人(応募者多数の場合、芦屋市民を優先して抽選)

講師 菅原美文氏(城郭・歴史研究家)
受講料 1,200円(3回分一括)

申込方法

講座名・住所・氏名・電話番号を記入の上、令和1年9月16日(月曜日)【必着】までにはがきかファクスで芦屋市立公民館へ。


 

芦屋市立公民館

〒659-0068/芦屋市業平町8番24号(ファクス:0797-31-4998)

 

各回の詳細

日時 内容

1

10月3日

(木曜日)

戦国の象徴 信長と秀吉

2

11月7日

(木曜日)

本能寺の変までの明智光秀

3

12月5日

(木曜日)

数奇な生涯 お江の方

講師の先生のプロフィール

菅原美文

城郭・歴史研究家。関西学院大学法学部卒業。姫路市教育委員会で社会教育の業務に長く携わり、その後姫路文学館に勤務。平成7年8月には兵庫県立姫路短期大学の非常勤講師を務める。
現在、姫路文学館、姫路市市民会館、播磨町立図書館、芦屋市立公民館で講師を務める。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

公民館  

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る