ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > 日本近現代史講座「はじめての福澤諭吉」(12月15日受付締切)

ここから本文です。

更新日:2020年5月16日

日本近現代史講座「はじめての福澤諭吉」(12月15日受付締切)

 ※新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、2月29日、3月28日の講座は開催日が変更となっています。
1万円札の肖像に写真が使われている福澤諭吉は、そもそも何をした人なのでしょうか?『学問のすすめ』の「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という有名な書き出しはだれでも知っていますが、福澤がいったい何者なのかは意外によく知られていません。今回の講座では、福澤が書き残した膨大な文章の中から3編を選び出し、丁寧に解説することを通して、福澤諭吉の思想とその意義を考えてみたいと思います。

 

日本近現代史講座「はじめての福澤諭吉」チラシ(JPG:816KB)(別ウィンドウが開きます)

 

事業内容

日時

1、1月25日(土曜日)午後2時~3時30分

『学問のすすめ』初編(1872年)

2、2月29日(土曜日)午後2時~3時30分

7月11日(土曜日)午前10時~午前11時30分

『文明論之概略』第1章「議論の本意を定る事」(1875年)

3、3月28日(土曜日)午後2時~3時30分

8月22日(土曜日)午前10時~午前11時30分

「脱亜論」(1885年)

会場 市民センター401室

定員

90人(応募者多数の場合、芦屋市民を優先して抽選)

講師 河島真氏(神戸女学院大学文学部教授)
受講料 1,200円(3回分)

申込方法

講座名・住所・氏名・電話番号を記入の上、12月15日(日曜日)までにはがきかファクスで公民館へ。


〒659-0068芦屋市業平町8番24号(ファクス:0797-31-4998)

 

お問い合わせ

公民館  

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る