ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > サイエンス講座我々に身近な原子核と超ミクロな素粒子の世界」(3月15日受付締切)

ここから本文です。

更新日:2020年9月29日

サイエンス講座我々に身近な原子核と超ミクロな素粒子の世界」(3月15日受付締切)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催日が変更となっています。

原子核は原子の中心に位置し電子の数を支配してその性質を決めている。我々にエネルギーを与え続ける太陽は原子核の反応によるエネルギーで光っている。星の活動でいろんな原子核は作られる。最近では原子核は日常的に原子力エネルギーを与えている一方でPETでがんの診断を行ない、原子核を使ってがんの治療を行っている。かなり身近だがその素性はわかりにくい。原子核の成り立ちを明らかにする研究では湯川博士を始めとして多くの日本人が活躍している。会場との会話を大事にしながら講演します。

 

サイエンス講座「元素の進化と変換」案内チラシ(JPG:1,008KB)(別ウィンドウが開きます)

 

事業内容

日時

令和2年7月4日(土曜日)~9月12日(土曜日)

午後2時~3時30分

会場 芦屋市民センター401室

定員

90人(応募者多数の場合、芦屋市民を優先して抽選)

講師 土岐博氏
受講料 1,500円(3回分一括)

申込方法

講座名・住所・氏名・電話番号を記入の上、令和2年3月15日(日曜日)までにはがきかファクスで芦屋市立公民館へ。


〒659-0068 芦屋市業平町8番24号(ファクス:0797-31-4998)

各回の詳細

日時 内容

1

4月18日

7月4日

(土曜日)

原子核はどこで作られて何をしている

2

5月16日

7月18日

(土曜日)

原子核が生み出すエネルギーと核医療

3

6月20日

9月12日

(土曜日)

原子核の構造の理解と日本の研究者

お問い合わせ

公民館  

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る