ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > 平和と人権講演会:戦争と人権【8月5日】

ここから本文です。

更新日:2021年6月9日

平和と人権講演会:戦争と人権【8月5日】

 2019年3月に発表された、日露合作制作の「ソローキンの見た桜」。この作品は両国で公開され、日露戦争中に愛媛県松山市に置かれた捕虜収容所を舞台に描かれ、日本人女性とロシア兵捕虜の恋愛物語。戦争に翻弄(ほんろう)される人々を映し、大きな反響をよんだ。

 今回の講演会では、この作品制作の背景にある戦争と人権をキーワードに、制作秘話も含めて、映画のシーンとともにお話をいただきます。

日時

令和3年8月5日(木曜日)午後2時~3時30分

会場 芦屋市民センター 401室
テーマ 戦争と人権
講師

益田裕美子(映画&コンテンツプロデューサー)

イランとの合作映画『風の絨毯』や日韓共同製作ドキュメンタリー映画「李藝-最初の朝鮮通信使」など数多くのドキュメンタリー映画を手掛けられた。

受講料

無料

申込み

不要

お問い合わせ

公民館

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る