ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化施設 > 芦屋市民センター > 芦屋市民センター主催事業 > 公民館音楽会「ジョージアと日本の音楽の架け橋 ギオルギ・バブアゼと右近恭子デュオコンサート」(5月2日受付締切)

ここから本文です。

更新日:2020年4月14日

公民館音楽会「ジョージアと日本の音楽の架け橋 ギオルギ・バブアゼと右近恭子デュオコンサート」(5月2日受付締切)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、10月17日(土曜日)に変更となっています。

ジョージアから来日して24年、関西フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター、ギオルギ・バブアゼさんは昨年、ジョージアと日本の間の音楽を通じた交流親善に貢献した功労で「旭日単光賞」を受章されました。デュオとしての活動の長い、芦屋市在住のピアニスト右近恭子さんとの名曲コンサートです。

バブアゼ

右近

ギオルギ・バブアゼ(ヴァイオリン)

右近恭子(ピアノ)

【曲目(予定)】

J.S.バッハ:G線上のアリア

マスネ:タイスの瞑想曲

アザラシヴィリ(ジョージアの作曲家):ノスタルジア など

事業情報

日時

令和2年5月16日10月17日(土曜日)午後2時開演(午後1時30分開場)

会場 芦屋市民センター音楽室(別館2階)
参加費

500円

定員 120人(応募多数の場合は抽選、芦屋市民優先)
申し込み はがきかファクスに、音楽会名・氏名・住所・電話番号・参加人数(2人まで)を記入し、5月2日(土曜日)必着で公民館へ
問い合わせ

芦屋市立公民館(〒659-0068・芦屋市業平町8番24号)

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

 

お問い合わせ

公民館

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る