ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > 夏の公民館講座・経済学夏季集中講座「日本経済はどこまで来たか」

ここから本文です。

更新日:2020年6月5日

夏の公民館講座・経済学夏集中講座 「日本経済はどこまで来たか」

 日本の家計所得や賃金が最も高かったのは1997年のことでした。90年代以後の「構造改革」路線により、この数十年多くの市民は生活水準を低下させました。こうした日本経済の停滞あるいは衰退の原因はどこにあるのか。

 (1)日本資本主義の歴史的な変化の中で、(2)市民生活の水準が高い「北欧の福祉国家」と対比して、(3)資本主義の経済をコントロールする市民の成長という視角を軸にお話ししたいと思います。

 

 

経済学夏季集中講座「日本経済はどこまで来たか」

 

 

事業内容

日時

令和2年8月3日(月曜日)午前10時~11時30分

令和2年8月6日(木曜日)午前10時~11時30分

令和2年8月8日(土曜日)午前10時~11時30分

会場 市民センター本館401室

定員

先着90人(応募多数のときは、市民優先のうえ抽選)

講師 石川康宏(神戸女学院大学教授)
受講料 1,500円

申込方法

1)講座名 2)住所 3)氏名 4)電話番号を記入のうえ、令和2年6月15日(月曜日)までに、備え付け用紙、はがき、ファクスで公民館へ。結果は、はがきでご連絡いたします。

あて先

 

問い合わせ

〒659-0068

芦屋市業平町8-24

芦屋市立公民館(TEL:35-0700、FAX:31-4998)

お問い合わせ

公民館  

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る