ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・歴史 > 文化事業 > 公民館音楽会:芦屋の古楽の源流をたずねて【12月11日】

ここから本文です。

更新日:2021年11月2日

公民館音楽会:芦屋の古楽の源流をたずねて【12月11日】

芦屋の古楽の源流をたずねて ― 生誕100年 原田宿命の愛したダンスたち

芦屋に住まい、日本でいち早くヨーロッパのルネサンス時代やバロック時代のダンスを研究して教え、音楽とともに広めた原田宿命(はらだ さだめ、1921-2002)の、今年は生誕100年にあたります。それを記念して、ダンスと古楽のコンサートを開催します。

演奏曲目:「千々の悲しみ」、「恋人よ、バラを見に行こう」他

事業内容

日時

令和3年12月11日(土曜日)

午後2時00分開演 午後1時30分開場

会場 市民センター別館219音楽室
出演 湯浅宣子(ルネサンス、バロックダンス)、佐野健二(リュート)、頼田麗(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
参加費 500円
定員 70名(応募多数の場合は抽選、芦屋市民優先)

申し込み

はがきかファクスに、音楽会名・氏名・住所・電話番号・参加人数(1人または2人)、参加するお子様の年齢を記入し、11月26日(金曜日)(必着)で下記へ。

申込み多数の場合は抽選。

あて先:芦屋市業平町8-24 芦屋市立公民館 12月11日音楽会係(ファクス番号番号31-4998)

お問い合わせ

公民館

電話番号:0797-35-0700

ファクス番号:0797-31-4998

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る