ホーム > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > スポーツ事業 > スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防のポイント

ここから本文です。

更新日:2020年7月13日

スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防のポイント

兵庫県では5月21日に緊急事態宣言が解除されましたが、さらなる新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各種スポーツイベントを再開するに当たって、感染拡大予防に十分に留意しなければなりません。そこで、本ページでは、各スポーツ関係団体により作成された、スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防ガイドライン(5月29日改訂)のポイントをまとめて、ご紹介いたしますので、再開を図る際のご参考にしていただければと思います。

※なお、本市の社会体育施設をご利用の際は、ガイドラインや各施設の感染症対策に従う必要があります。

※ページ下部のリンク先より、各スポーツ関係団体の発表したガイドラインをご確認いただけます。

本市における新型コロナウイルス感染症対策

本市では、新型コロナウイルス感染症対策として、社会体育施設において市(関係団体)主催イベント・大会等の開催について以下のようにしています。

芦屋市新型コロナウイルス感染症対策社会体育施設等の利用ガイドライン(別ウィンドウが開きます)

基本的な考え方

イベントを開催する際は、以下の点に留意しましょう

※感染リスクへの対応が整わない場合は中止及び延期するよう、慎重な対応がとることが必要です

三つの密(密閉・密集・密接)

三つの密を避けましょう(人と人との間隔を確保する)

※少なくとも2m以上空けることが適当とされています

大きな声での会話、応援等

大きな声で会話、応援等や近接した距離間での会話等の状況は避けましょう

その他

入場者制限、換気、手指消毒やマスク着用等の適切な感染防止対策を講じましょう

開催・実施時の感染防止策について

イベント開催に当たり以下の内容を留意しましょう

チェックリストの掲示

感染防止のため主催者が実施すべき事項や参加者が遵守すべき事項をあらかじめ整理し、チェックリスト化したものを受付場所等に掲示しましょう

スポーツイベント開催・実施時の感染防止策チェックリスト(日本スポーツ協会・日本障がい者スポーツ協会作成)(PDF:747KB)(別ウィンドウが開きます)

巡回・確認

チェックリストの事項が守られているか、会場内を定期的に巡回・確認しましょう

利用者の特性への配慮

障がいのあるかたや高齢者等の利用者の特性にも配慮しましょう

参加募集時の対応

参加募集に際して、感染拡大防止のために参加者が遵守するべき事項を明確にし、協力を求めましょう(協力に応じない方には参加の取り消し、退場を求める可能性があることを周知することも必要です)

主催者が参加者に求める感染拡大防止のための措置としては以下のようなものがあります

自主的に参加の見合わせを求めること

以下の事項に該当する場合は自主的に参加を見合わせていただく

  • 発熱、咳、咽頭痛等の症状がある
  • 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる
  • 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航または当該在住者との濃厚接触がある

マスクの着用

マスク着用を求める(スポーツ実施中等のやむを得ない場合を除き、マスクの着用をすること)

手洗い、アルコール等による手指消毒

こまめな手洗いやアルコール等による手指消毒を求める

人と人との距離を確保すること

人と人との間隔を確保するよう求める

※少なくとも2m以上空けることが適当とされています

大きな声で会話、応援等をしないこと

大きな声で会話、応援等をしないよう求める

主催者が決めたその他の措置の遵守、指示に従うこと

主催者が決めたその他の措置の遵守、指示に従うよう求める

感染報告

イベント終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、主催者に対して速やかに濃厚接触者の有無等について報告するよう求める

当日の参加受付時の対応

当日の受付時に参加者が密になることへの防止や、安全にイベントを開催・実施するために以下に配慮して受付を行いましょう

  • 受付窓口にアルコール等の手指消毒剤の設置
  • 発熱や咳・咽頭痛がある方は入場しないように呼び掛ける
  • 人と人が対面する場所は、アクリル板、透明ビニールカーテンなどで遮蔽すること
  • 参加者が距離をおいて並べるように目印の設置等を行うこと
  • 受付を行うスタッフには、マスクを着用させること
  • 可能であれば、電子的な手段を活用し、受付場所での書面記入や現金の授受等を避ける
  • 可能であれば、イベント前日の受付を行い、混雑を避ける
  • 参加者から氏名等の事項を記載した書面の提出を求める

参加者への対応

体調の確認

主催者は、イベント当日に参加者から以下の事項を記載した書面の提出を求めることが必要です

  • 氏名、年齢、住所、連絡先(個人情報の扱いに十分注意する)
  • イベント当日の体温
  • イベント前2週間における発熱、咳、咽頭痛等の有無
  • 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触の有無
  • 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる
  • 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航または当該在住者との濃厚接触がある

マスク等の準備

参加者がマスクを準備しているか確認しましょう

※スポーツ実施中等のやむを得ない場合を除き、マスクの着用を求める

スポーツイベント参加前後の留意事項

イベント前後のミーティングや懇親会等においても三つの密を避け、会話時にマスクを着用する等の感染対策に配慮しましょう

主催者が準備等すべき事項

手洗い場所、洗面所

主催者は、参加者が手洗いをこまめに行えるよう、手洗い場所やアルコール等の手指消毒剤を確保しましょう(利用施設の状況もあらかじめ確認しましょう)

更衣室、休憩・待機スペース

更衣室、休憩・待機スペースは比較的高いと考えられています。そのため、広さにゆとりを持たせる、人数制限する等の措置を講じ、密になることを避け、換気に配慮しましょう。(利用施設の状況もあらかじめ確認しましょう)

飲食物の提供時

運動・スポーツの際の栄養補給等として飲食物を参加者に提供される際は、以下に配慮しましょう

  • 飲食物を手にする前に、手洗い・アルコール等による手指消毒を促す
  • スポーツドリンク等の飲料については、ペットボトルや使い捨て紙コップ等で提供する
  • 食品については、一人分を小皿に取り分けた状態で参加者へ提供する等の工夫をする
  • 飲食物を取り扱うスタッフはマスクを着用する

観客の管理

観客も参加させる場合には、観客同士が密な状態とならないよう、観客席の数を減らす等の対応をとりましょう。また、大声・声援を控える、マスクの着用を周知しましょう。

スポーツイベント会場

室内で実施する際は、十分な換気を行いましょう

ゴミの廃棄

鼻水、唾液等が付いたゴミは、ビニール袋に入れて密閉しましょう。ゴミを回収するスタッフはマスクや手袋を着用し、廃棄後は手洗い・手指消毒を行いましょう。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会社会教育部スポーツ推進課スポーツ推進係

電話番号:0797-22-7910

ファクス番号:0797-22-1633

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る