ホーム > まちづくり > 上下水道 > 水道の手続き > 道路における漏水の修繕と防止

ここから本文です。

更新日:2021年5月13日

道路における漏水の修繕と防止

多くの道路の地中には、水道管が埋設されています。水道管から水が漏れた場合、水道が出ない、水が濁っている、道路が陥没する等の事態が発生する可能性があるため、緊急工事を行ないます。

異常を発見したときは、上下水道部水道工務課維持係までご連絡ください。

また、公道において工事を施工する際は、水道管の破損を防止するため事前協議を行ってください。

 

公道漏水を見つけたら

漏水調査

次のような場合、水道管で漏水が発生していることがあります。

  • 雨が降っていないのに水が流れている
  • 雨が降っていないのに舗装が濡れている

異常を発見したときは、上下水道部水道工務課維持係までご連絡ください。漏水調査を行ないます。

平日昼間:上下水道部 水道工務課維持係 電話:0797-38-2083

夜  間:市役所代表(宿直待機)    電話:0797-31-2121

漏水緊急修繕工事

水道管の漏水が確認されたら、緊急修繕工事を実施します。

漏水の程度や作業の行程により、道路の規制や通行止め、断水を行なうことがあります。

水道事業者以外の工事による水道管の破損防止

施工協議

 1. 協議前の事前調査をします。

  • 工事範囲内で、水道施設及び支障の有無を調査してください。
  • 試験掘りを行なった場合、確認した水道管の位置は、記録保存及び路面標示を行なってください。

 2. 工事の着工までに、余裕をもって施工協議を行なってください。

  • 工事概要を提示し、水道管との離隔、水道管の防護方法、施工上の留意点等について協議してください。
  • 協議をもとに、水道管のおおよその位置を標示(マーキング)します。
  • 立会依頼を受け、立会を行ないます。

 3. 工事計画が変更になった場合は、再協議を行なってください。

水道管の破損事故が発生したら

水道事業者以外の工事で水道管を破損した場合、断水、濁水等により市民生活に多大な影響を与えることがあるため、速やかに、上下水道部水道工務課維持係へご連絡ください。水道管の修繕作業のみ、上下水道部水道工務課維持係が行ないます。修繕以外の土工・舗装復旧・交通誘導等は原因者で行ってください。

なお、破損した水道管の修繕費(断排水にかかる人件費、水道料金等を含む)は原因者の負担となります。

水道使用者等への保障等が発生した場合は関知しません。

お問い合わせ

上下水道部水道工務課維持係

電話番号:0797-38-2083

ファクス番号:0797-38-2165

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る