ホーム > 防災・安全 > 交通 > 交通安全 > 自転車の交通ルールとマナーについて

ここから本文です。

更新日:2016年9月21日

自転車の交通ルールとマナーについて

皆さんも日ごろからよく利用されている自転車。ちょっと出掛けるのに、とても便利ですよね。
しかし近年、自転車事故が社会問題になってきています。
そこで、こちらでは意外と知らない自転車の交通ルールとマナーをご紹介します。

自転車は車両の仲間

自転車は軽車両に分類されるので、歩道は走行できません。車道の左寄りを走行するのが原則です。
ただし、“自転車歩道通行可”等の道路標識(標示)のあるところは歩道を走行することができます。加えて、自転車の運転者が13歳未満もしくは70歳以上の高齢者や身体の不自由な方の場合も歩道を走行することができます。
しかし、通行可の歩道でも歩行者がいる場合は降りて通行が原則です。また万が一、自転車と歩行者の事故が起こった場合、自転車は軽車両に分類されるので自転車側の責任が重くなります。

自転車の路側帯通行に関するルールが変更(平成25年12月1日施行)

道路交通法の改正により、自転車などの軽車両で路側帯を通行する場合、道路の右側部分に設けられた路側帯の通行が禁止となりました。
右側の路側帯を通行するなど違反した場合は、3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が課せられます。

自転車利用五則

  • 自転車は車道が原則、歩道は例外
  • 車道は左側を通行
  • 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  • 安全ルールを守る
    ・飲酒運転の禁止
    ・二人乗りの禁止
    ・並進の禁止
    ・夜間はライトを点灯
    ・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  • 子どもはヘルメットを着用

自転車損害賠償保険への加入が義務化(平成27年10月1日施行)

自転車の安全で適正な利用の促進に関する県条例が制定されました。平成27年10月1日以降に兵庫県内で自転車を利用する場合、保険等に加入しなければなりません。加入していない方は、自分に合った保険を選択して加入しましょう。

義務化の内容

【自転車利用者】

県内での自転車利用時に保険等の加入が義務化されます。

【自転車を利用する事業者】

業務として自転車を利用する場合に保険等への加入が義務化されます。

【自転車販売店・レンタサイクル業者】

自転車販売(貸付)時に購入者(借受者)へ、保険加入の有無について確認を行ないます。未加入者には、保険等への加入を勧めます。

保険等の例

【個人利用向け】

  • 自動車保険、火災保険、傷害保険等に付帯する個人賠償責任保険
  • 共済、ひょうごのけんみん自転車保険
  • TSマーク付帯保険

【事業者向け】

  • 施設所有管理者特約条項を含む業務用賠償責任保険
  • TSマーク付帯保険

自転車安全整備(TSマーク)制度をご存じですか?

自転車を安全に利用してもらう制度で、自転車安全整備店の自転車安全整備士が点検・整備を行ない、安全と認められた自転車には一年間有効のTSマーク(二種類)が貼付けされます。このTSマークには損害保険、賠償責任保険が付帯していますので、TSマークが貼付けされている自転車に搭乗して交通事故に遭った場合、種類に応じた補償が受けられます。詳しくは、お近くの自転車安全整備店にお問い合わせください。

自転車運転者講習制度が義務化に!

自転車による死亡事故は全国的に増加しています。
自転車は車両です。交通ルールを守って安全に乗らなければ大きな事故に繋がります。
そこで改正道路交通法の施行に伴い、平成27年6月1日から危険行為を繰り返す自転車運転者に対しての『自転車運転者講習』制度が始まりました。

自転車運転者講習制度とは

自転車運転中に信号無視や一時不停止など、法令で定める14項目の危険な交通違反を3年以内に2回以上おこなった自転車運転者に命じられる講習のことです。
受講命令に従わない場合は、罰則(5万円以下の罰金)の対象となります。

危険な『ながら運転』

傘を差しながら、スマートフォンや携帯電話を使用しながら、犬の散歩をしながら…など、何かをしながら運転をすることは大変危険です。

特に最近問題になっている『ながらスマホ』は画面を注視することで視野が狭くなり、十分な前方確認が出来ません。交通事故につながる恐れがあり、大変危険です。

消費者庁『ポケモンGOに関する注意喚起』(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市建設部建設総務課 

電話番号:0797-38-2063

ファクス番号:0797-38-2163

ページの先頭へ戻る