ホーム > くらし > 市民活動・地域・ボランティア > 芦屋市市民提案型事業補助金

ここから本文です。

更新日:2017年6月14日

芦屋市市民提案型事業補助金

地域課題を解決(安全・安心、福祉、環境衛生等の課題解決の他、地域の活性化や魅力発信)するために、市民活動団体等が自主的に取り組む平成29年度に実施する事業に対して、経費の一部を補助します。

対象団体

芦屋市市民提案型事業補助金(以下「補助金」という。)の交付対象の団体は、市内を主な活動の範囲とする市民活動団体等で、次の要件を全て満たすことが必要です。

団体の要件

  1. 特定の政党の利害に関する政治活動を行わない団体であること。
  2. 特定の宗教、宗派、教団等を支援する活動を行わない団体であること。
  3. 組織的かつ計画的に活動しており、将来も継続できる団体であること。
  4. 5人以上で構成され,構成員のうち3分の2以上が市内に在住、在勤又は在学する者であること。
  5. 芦屋市暴力団排除条例(平成24年芦屋市条例第30号)第2条第1号に規定する暴力団及び同条第3号に規定する暴力団密接関係者に該当しないこと。
  6. 芦屋市暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団員を構成員に含まない団体であること。

補助対象事業

補助金の対象となる事業(以下「補助対象事業」という。)は市民活動団体等が行なう、地域課題の解決(安全・安心、福祉、環境衛生等の課題解決の他、地域の活性化や魅力発信)に向けた公益性の高い自主的な取り組みで、原則として新たに行なう提案事業であり、次年度以降も継続して実施されるものとします。提案事業が既に継続的に行われている事業であるときは、前年度に実施した内容より事業の質を高め、より発展した内容であると認められるものに限ります。

補助対象事業の要件

補助対象事業が、次のいずれかに該当するときは、交付の対象となりません。

  1. 構成員の親睦又は趣味的な活動を目的とするもの
  2. 特定の個人や市民活動団体等のみが利益を受ける事業(地域全体に利益が還元される事業として認められる事業を除く。)
  3. 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがある事業
  4. 芦屋市が支出する他の補助金の交付を受けている若しくは交付決定を受けている事業
  5. その他市長が補助対象事業として適当でないと認めるもの

補助金額・補助する団体数・選考方法

補助金額

  1. 補助上限額:10万円
  2. 補助率:補助対象経費の3分の2

補助する団体数

3団体程度

選考方法

審査委員会で書類及びプレゼンテーションによる審査を行ない、補助対象事業を決定します。

申請方法

申請に当たっては、募集要項を参照してください。

申請書類

補助金の交付を受けようとする市民活動団体等は、市長が別に定める申込期間内に次に掲げる書類を提出してください。

  1. 芦屋市市民提案型事業補助金交付申請書(様式第1号)〔wordPDF(別ウィンドウが開きます)
  2. 芦屋市市民提案型事業計画書(様式第2号)〔wordPDF(別ウィンドウが開きます)
  3. 収支予算書(様式第3号)〔wordPDF(別ウィンドウが開きます)
  4. 団体概要書(様式第4号)〔word(ワード:60KB)PDF(別ウィンドウが開きます)
  5. 団体の定款、会則等又は団体の運営に関する規定
  6. 団体構成員名簿
  7. その他市長が必要と認める書類

提出方法

応募に必要な書類を、6月1日~30日の平日・執務時間内に市民参画課(市役所北館3階)に、持参または郵送してください。

実績報告

補助金の交付決定を受けた団体は事業終了後に、速やかに実績報告として次に掲げる資料を提出してください。

  1. 芦屋市市民提案型事業補助金実績報告書(様式第10号)〔wordPDF(別ウィンドウが開きます)
  2. 芦屋市市民提案型事業活動報告書(様式第11号)〔wordPDF(別ウィンドウが開きます)
  3. 収支決算書(様式第12号)〔wordPDF(別ウィンドウが開きます)
  4. 領収書及び写真等の証拠書類

参考資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部市民参画課市民参画係

電話番号:0797-38-2007

ファクス番号:0797-38-2004

ページの先頭へ戻る