ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

下水処理場

業務内容

  • 芦屋下水処理場、南芦屋浜下水処理場及びポンプ場等に関すること。
  • 兵庫東流域下水汚泥処理に関すること。

事業及び施設の概要

1.下水処理場について

  1. 芦屋下水処理場
  2. 南芦屋浜下水処理場

2.ポンプ場について

  1. 場内ポンプ場
  2. 大東ポンプ場
  3. 南宮ポンプ場
  4. その他
    ・降雨時の対応
    ・雨の強さ

3.「せせらぎ」について

  1. 施設利用上の注意
  2. 駐車場

概要説明

分かり易く紹介するため、質問形式で記述しています。

1.下水処理場について

芦屋市には、処理区がキャナルパーク(芦屋港)を境にして、北側と南側に二つあり、その汚水は若葉町と陽光町のそれぞれの下水処理場で処理しています。
毎日24時間、施設の運転管理を行ない、汚水を綺麗にしています。

(1)芦屋下水処理場(若葉町)

質問: 芦屋下水処理場は、何をする施設ですか?
回答: 芦屋下水処理場は、芦屋処理区の台所や風呂、トイレで使った水を綺麗にして海に放流する施設です。
参考: 海に放流した水は、太陽の熱で温まり蒸発し雲になり、雨や雪となって地上に降り、ダムなどに溜められ生活用水として、使用することにより循環します。

 

質問: 汚水をどうやって綺麗にしていますか?
回答: 下水管に流された汚水は、下水処理場で重たい汚泥を沈めます。
汚水に溶け込んでいる汚れは、微生物に空気を吹込み元気にし、その働きで沈みやすくします。
そのあと、消毒して海に放流します。
この高級処理により汚水を綺麗にしています。
参考:

下水処理に関わる微生物には、ツリガネムシなどがいます。

 

季節の花を市民の皆さんに楽しんでいただいています。

芦屋下水処理場前花の写真

芦屋下水処理場前で撮影

 

 

施設概要

項目

内容

 

 

 

 

 

芦屋下水処理場

芦屋下水処理場写真

住所

若葉町1番2号

排水方式

分流式(一部合流)

計画区域面積

1,001ヘクタール

計画処理人口

(平成28年度)

89,600人

供用開始

昭和49年

敷地面積

3.34ヘクタール

排水対象

汚水

処理方法

【高級処理】

標準活性汚泥法

処理能力

54,300立米/日

設備概要

電動式ポンプ5台

揚水能力

189立米/分

放流先

大阪湾

注:1ヘクタール=10,000平米、1アール=100平米

 

(2)南芦屋浜下水処理場(陽光町)

質問: 南芦屋浜下水処理場は、何をする施設ですか?
回答: 南芦屋浜下水処理場は、南芦屋浜処理区の台所や風呂、トイレで使った水を綺麗にして、海に放流する施設です。
参考:

雨天時の雨水は、専用の管により、直接、海や川に流しています。

 

質問: 汚水をどうやって綺麗にしていますか?
回答: 海の富栄養化を防ぎ、赤潮、青潮の発生を抑えるため、高級処理から、さらに窒素、りんを除去する高度処理をし、汚水を綺麗にしています。
参考:

高級処理は、汚水中の固形物を沈殿させ、浮遊物質を浮かせる「一次処理」をしたのち、微生物の反応を利用して汚泥分などの有機物を除去する「二次処理」までを言います。
高度処理は、高級処理で十分に除去できない有機物、浮遊物に加え、窒素、りんなどを除去する「三次処理」までを言います。

 

 

 

施設概要

項目

内容

南芦屋浜下水処理場

南芦屋浜下水処理場写真

 

住所

陽光町2番1号

排水方式

分流式

計画区域面積

125ヘクタール

計画処理人口

(平成28年度)

9,000人

供用開始

平成13年

敷地面積

1.2ヘクタール

排水対象

汚水

処理方法

【高度処理】

凝集剤併用型循環式硝化脱窒法+急速ろ過法

処理能力

全体計画:7,700立米/日

現有:3,850立米/日

設備概要

全体計画:電動式ポンプ3台

現有:2台

揚水能力

7.8立米/分

放流先

大阪湾

注:「現有」とは全体計画に対する現在の状況を言います。

 

2.ポンプ場について

雨水は、若葉町の場内ポンプ場、大東町と南宮町の各ポンプ場で大阪湾に強制排水しています。

(1)場内ポンプ場(若葉町)

質問: 雨天時の雨水は、どうやって排水していますか?
回答: 浸水被害軽減のため、雨量が多くなると場内ポンプ場から直接、海に強制排水しています。
参考:

昭和10年に、市の中心部や岩園町の一部地域では、早くから下水道事業に着手したことにより、雨水と汚水を同一の管で排除する合流式を採用し、若葉町の下水処理場内のポンプ場に流しています。これを一部合流式と言います。

 

施設概要

項目

内容

 

場内ポンプ場

場内ポンプ場写真

 

 

 

 

 

 

住所

若葉町1番2号

供用開始

昭和51年

排水対象

雨水

対象地域

芦屋処理区の一部地域

排水面積

225ヘクタール

設備概要

ディーゼル式ポンプ4台

排水能力

872立米/分

放流先

大阪湾


(2)大東ポンプ場(大東町)

質問: なぜ、大東町と南宮町にポンプ場がありますか?
回答: この地域は、地面の高さが低いため、雨水が自然排水できないので、それぞれのポンプ場から直接、海に強制排水しています。

 

施設概要

項目

内容

大東ポンプ場

大東ポンプ場写真

 

住所

大東町14番23号

供用開始

昭和39年

敷地面積

0.11ヘクタール

排水対象

雨水

対象地域

大東町全域

排水面積

21.5ヘクタール

設備概要

電動式ポンプ2台

ディーゼル式ポンプ2台

(非常用発電機有り)

排水能力

260立米/分

放流先

大阪湾

(3)南宮ポンプ場(南宮町)

施設概要

項目

内容

 

南宮ポンプ場

南宮ポンプ場写真

 

 

住所

南宮町17番29号

供用開始

昭和47年

敷地面積

0.07ヘクタール

排水対象

雨水

対象地域

南宮町全域と

浜町の一部地域

排水面積

21.3ヘクタール

設備概要

ディーゼル式ポンプ2台

(非常用発電機有り)

排水能力

160立米/分

放流先

大阪湾

 

(4)その他

・降雨時の対応

質問: 近年、降雨が激しくなっていますが、適正に排水ができていますか?
回答: 急激な雨水の流入に備えるため、大雨注意報、大雨警報や雨雲などの気象情報を事前に確認し、迅速に対応することで浸水被害を軽減しています。今後も引続き、適正に排水できるよう施設管理を行ないます。

参照:雨量データ等は、本市のホームページをご覧ください。

 

雨の強さ

質問: 雨の強さは、何ミリでどうなりますか?
回答: 風の影響等により異なりますが、下記の表を参考にしてください。

 

1時間雨量

状況

10~20ミリ未満

ザーザーと降り、地面からの跳ね返りで足元がぬれる。

20~30ミリ未満

ドシャ降りで傘をさしていてもぬれる。

30~50ミリ未満

バケツをひっくり返したように降る。

50~80ミリ未満

滝のように降り、傘は全く役に立たない。

80ミリ以上

息苦しくなるような圧迫感がある。

気象庁ホームページより一部抜粋

 

3.「せせらぎ」について

南芦屋浜下水処理場の西側にある「せせらぎ」は、「市民の憩いの場」として、利用していただいています。

質問: 「せせらぎ」の水は、綺麗ですか?
回答: 高度処理後、さらに膜処理を行ない綺麗にしていますので、安心してご利用ください。
参考:

膜処理は、微粒子の異物をろ過する方法になり、家庭では、蛇口に取り付ける浄水器などに使用されています。災害時には、防火用水、雑用水として、使用していただけます。

 

(1)施設利用上の注意

項目

内容

せせらぎ

せせらぎ写真

南から北へ撮影

注意点

定期的に掃除をしていますが、滑りやすいところがありますので、気を付けてください。

滝の上部は危ないので、登らないでください。

水深

5センチ~30センチ

ペットの利用

犬、猫などのペットの水遊びは、ご遠慮ください。

 

(2)駐車場

近隣の市民の方や通行車両にご迷惑を掛けますので、不法駐車はしないでください。

質問: 「せせらぎ」の近くに駐車場は、ありますか?
回答: 「せせらぎ」の西側に芦屋市総合公園の駐車場があります。
参考:

詳しくは「芦屋市総合公園ガイド」をご覧ください。
北駐車場が「せせらぎ」に近接しています。

芦屋市総合公園ガイド(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

 

駐車禁止対策

注:常設で、看板を道路東側3か所に設置しています。

夏場は、利用者が多いため、カラーコーンを設置しています。

 

お問い合わせ

上下水道部下水処理場 

電話番号:0797-32-1291

ファクス番号:0797-32-1568

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る