ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 保育所 > 病児・病後児保育

ここから本文です。

更新日:2016年5月20日

病児・病後児保育

平成22年4月から芦屋病院内において病後児保育事業を実施していますが、平成25年7月1日から同じ施設で病児保育事業も実施しています。

申請書等については、下記の「利用の方法」からダウンロードしていただけます。

子育て推進課又は病児・病後児保育ルームでも入手できます。

病児・病後児保育事業とは

病気やけがにより、保育所などで他の児童との集団生活が困難なお子さまを一時的にお預かりする事業です。

利用の条件

次の全てに該当する児童

  • 芦屋市に居住または市内の保育所等に在籍する生後6カ月から小学6年生までの児童
  • 保護者が就労・傷病・事故・冠婚葬祭の都合により家庭での保育を行なうことが困難な児童
  • 当面症状の急変はないが、病気やけがの回復期に至っていない児童または回復期の児童

対象となる病気やけが

  • 風邪や下痢など、子どもが日常的にかかる病気
  • 水ぼうそう、風しんなどの感染性疾患
  • ぜんそくなどの慢性疾患
  • 骨折やけがなどの外傷性疾患

病気の急変の可能性が高い場合や新型インフルエンザなどの感染性の強い疾患の場合はお預かりできないことがありますのでご了承ください。

実施場所

  • 芦屋市病児・病後児保育ルーム(ひよこクラブ)
  • 市立芦屋病院北側外来駐車場すぐ南
  • 芦屋市朝日ヶ丘町39番1号
  • 電話番号0797-31-2217
  • 最寄のバス停は阪急バス「芦屋病院前」です。
    (病児・病後児保育ルームから徒歩1分)

利用定員

  • 1日あたり最大4人

利用日数

  • 連続して7日を限度

利用時間

  • 月曜日~金曜日午前7時30分~午後6時

休園日

  • 土曜日、日曜日、祝日、年末年始

費用

  • 利用料・・・1人1日2,000円
    生活保護世帯は減免制度がありますので子育て推進課へ申請してください。
  • 給食費・・・500円(弁当持参も可能です。)
    食物アレルギー疾患をお持ちのお子さまは必ず弁当持参でお願いします。
  • 医療費・・・受診する必要が生じた場合その受診に係る費用は保護者負担となります。

利用の方法

利用登録

必要なときに利用しようと考えておられるかたは、事前に子育て推進課または病児・病後児保育ルームで「利用登録申請書」及び「同意書」を提出し登録してください。

利用方法

  1. 利用しようとする前日(前日が休園日に当たる場合はその直前の開園日)までに
    病児・病後児保育ルーム電話で、症状や定員など利用が可能かどうかを確認し予約してください。
  2. 「医師連絡票」を持参し、かかりつけの医療機関または芦屋病院で受診し、医師に記載してもらってください。
    (費用は保護者負担です。)
  3. 「利用申込書」「医師連絡票」を添えて、病児・病後児保育ルームで手続きをしてください。

利用上の注意

  • 職員が病状をお伺いしますが、お子さまの状態によってお預かりできない場合があります。
  • お迎えは必ず利用時間内にお越しください。
  • お預かりしている間に、医療機関に受診する必要が生じた場合は保護者に連絡の上、受診させていただきます。
    受診に係る費用は保護者負担です。
  • お子さまの病状が変化し、治療が必要になる場合などはご利用を取り消すことがありますのでご了承ください。

利用当日に用意するもの

  • 利用申込書
  • 医師連絡票
  • 健康保険証(写)
  • 乳幼児医療証(写)
  • 薬(医師から処方されている場合のみ)及び薬の説明書
  • おやつ(お茶は病児・病後児保育ルームで用意します)その他の水分補給については別途ご用意ください。
  • 着替え2~3枚・タオル2枚・口拭きタオル1枚
  • 汚れた衣類などを入れるビニール袋
  • 歯磨きセット
  • 必要に応じて
    哺乳瓶・粉ミルク(1回分ずつに分けたもの)・紙おむつ10枚・おしりふき・食事用エプロン

すべての持ち物には、お名前をご記入ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども・健康部子育て推進課施設運営係

電話番号:0797-38-2128

ファクス番号:0797-38-2190

ページの先頭へ戻る