ここから本文です。

更新日:2017年6月16日

一時預かり事業

一時預かり事業は、保護者の方が週2~3日程度働いたり、あるいは急な病気などで入院したりして家庭で保育が困難になった就学前の児童を保育園でお預かりする事業です。

利用できる方

次の1、2のいずれかに該当する、芦屋市に住民登録のある方

1.非定型保育

保護者の就労、職業訓練及び就学等により週2~3日程度、家庭保育が困難になる就学前の児童。

  • 非定型保育は生後5か月を経過する日から事前申請は可能です。

2.緊急保育

保護者の傷病、災害、事故、出産(産前1か月産後1か月)、看護、介護等の社会的にやむを得ない理由により緊急・一時的に家庭保育が困難となる就学前の児童。(利用回数は1か月に12日を限度とする。)

  • 緊急保育の項目に合致しても緊急性に乏しい場合は、非定型保育と同じ取扱いになります。
  • 上記1、2とも保育士の配置が特に必要な場合は、園でお受けできないことがあります。
  • 緊急保育は原則として事前申請はできません。

利用できる保育園及び預かり時間

実施保育園

  1. こばと保育園・・・・・生後6か月~2歳児まで
  2. さくら保育園・・・・・1歳児~3歳児まで
  3. 山手夢保育園、夢咲保育園、茶屋保育園・・・・・1歳児~就学前まで
  4. 浜風夢保育園・・・・・2歳児~就学前まで
  • 上記1歳児、2歳児、3歳児とは、当該年度の初日(4月1日現在)の年齢をいいます。

預かり時間

  1. 預かり時間は月曜日から金曜日の9時00分~17時00分のうち家庭保育が困難な時間。
  2. 預かり時間については、園の受け入れ体制もありますので、面接時に再度確認して下さい

延長保育

  1. こばと保育園は7時30分~9時00分の90分間及び17時00分~18時00分までの60分間。(平成28年1月から実施)
  2. 山手夢保育園、浜風夢保育園、夢咲保育園は8時30分~9時00分までの30分間及び17時00分~17時30分までの30分間。(平成28年4月から実施)
  • 延長保育については、園の自主事業として実施。料金等詳しくは直接園にお問い合わせください。

費用

利用料は、1日につき2,000円(うち500円は飲食物費)です。

ただし、利用料については、生活保護法による被保護世帯、前年度分の市町村民税所得割非課税世帯のうち、母(父)子世帯、在宅障がい児(者)のいる世帯等の場合は、飲食物費の500円のみとなりますのでご相談ください。

  • アレルギーのあるお子さまは弁当持参が必要な場合もあります。

提出書類

  1. 一時預かり事業利用申込書(児童1人につき1部)
  2. 家庭状況報告書
  3. 保育を必要とする状況の証明(在職証明書・在学証明書・診断書等・出産:母子手帳等)
  4. 事情により児童の健康保険証の写しを個別に提出をお願いする場合があります。

利用手続

利用手続は次のとおりです。

  1. 提出書類一式を芦屋市子育て推進課へ提出
  2. 子育て推進課より利用可能な旨を通知
  3. 健康診断を受診後、保育園で面接
  4. 一時預かり利用開始
  • 利用時の持ち物は各保育園にお問い合わせください。

お問い合わせ

こども・健康部子育て推進課(子育て施設担当)入所係

電話番号:0797-38-2128

ファクス番号:0797-38-2190

ページの先頭へ戻る