ホーム > 防災・安全 > 消防 > 知識・予防 > 住宅防火対策 > 放火防止対策について

ここから本文です。

更新日:2014年11月4日

放火防止対策について

出火原因のトップは放火

放火されやすい環境を作らない

出火原因の約2割が「放火」もしくは「放火の疑い」によるものです。
放火は、いつ、どこで発生するか予測がしにくいです。
地域ぐるみで放火されない環境をつくりましょう。

放火を防ぐには

地域ぐるみで放火防止に取り組みましょう

  • 家のまわりを整理整頓しましょう。
  • 街灯をつけるなどして、明るくしましょう。
  • 車庫や物置などには、カギをかけましょう。
  • 車やバイクなどのボディカバーは、「防炎品」を使いましょう。
  • ごみは収集日の朝、出しましょう。
  • 空き家には、カギをかけるなど人が出入りできないようにしましょう。
  • 空き地は、枯れ草を刈り取る等、きちんと管理しましょう。
  • 地域の皆さんで放火防止に目と心を配りましょう。

お問い合わせ

消防本部予防課予防係

電話番号:0797-32-2345

ファクス番号:0797-32-0119

ページの先頭へ戻る