ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校教育部 > 携帯電話及びインターネットに関する実態・意識調査結果

ここから本文です。

更新日:2014年12月2日

携帯電話及びインターネットに関する実態・意識調査結果

   急速な情報化が進む中、携帯型端末は子どもたちの必須アイテムのひとつになりつつあるとともに、子どもたちのインターネット利用率は急激に高まっています。一方、社会では、インターネット依存やインターネット等によるトラブルなど様々な問題が起こっています。
こうした中、芦屋市教育委員会では、児童生徒・保護者の携帯電話及びインターネットに関する実態・意識を把握するため、小学校・中学校の全児童生徒及び全保護者を対象にアンケート調査を行ないました。
これらの調査結果を、「携帯電話及びインターネットに関する実態・意識調査結果」としてここにまとめましたので、お知らせします。 

 調査の概要

  • 調査実施日 平成26年2月
  • 調査対象者芦屋市立小中学校全児童生徒及びその保護者

調査結果

携帯電話及びインターネットに関する実態・意識調査結果(PDF:531KB)(別ウィンドウが開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会学校教育部学校教育課 

電話番号:0797-38-2087

ファクス番号:0797-38-2089

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る