ホーム > くらし > 人権・平和事業 > 平和事業 > 核実験に対する抗議文

ここから本文です。

更新日:2018年10月11日

核実験に対する抗議文

2018年10月10日、アメリカ合衆国が昨年12月に臨界前核実験を実施したとの報道を受け、10月11日付で、以下の抗議文を送付しました。

 

アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ 閣下

 

抗 議 文

 

2018年10月10日、貴国が昨年の12月に、ネバダ州の核実験場にて臨海前核実験を実施したことが明らかになりました。
他国に非核化を迫る一方で、このような実験を繰り返し実施することは、核兵器のない世界の実現を望んでいる人々の願いを無視するものであり、核兵器を持ち続けることを表明したものと受け止めざるを得ません。
私は、大統領閣下に対し厳重に抗議するとともに、今後、いかなる核実験も行わないよう強く求めます。
歴史的な米朝首脳会談を実現させ、朝鮮半島の非核化に取り組まれている大統領閣下が、人々の期待を裏切ることのないよう、核兵器の廃絶に向けて努力されるよう要請いたします。
 

 2018年10月11日

日本国兵庫県芦屋市長 山中 健

 

お問い合わせ

市民生活部人権推進課人権推進係

電話番号:0797-38-2055

ファクス番号:0797-38-8694

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る